HOMEライフスタイル 関東で地震が相次ぐ…家庭でできる7つの対策

関東で地震が相次ぐ…家庭でできる7つの対策

長澤まき

2017/08/02(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:気象庁ホームページ

関東地方で震度4の地震が2度発生し、インターネット上では戸惑いが広がっている。

震度4の地震が2度発生

気象庁発表によると、8月2日午前2時2分頃、茨城県北部を震源とする地震が発生した。マグニチュードは推定5.5で、茨城県など関東の広い地域や福島県で震度4の揺れを観測した。およそ5時間後の同7時16分頃にも、茨城県南部を震源とするマグニチュード推定4.6の地震が発生。茨城や埼玉、栃木、千葉など各県で震度4を観測した。

約7時間で6回にネット上でも話題

2日午前0時38分以降、茨城県を震源とする震度1以上の地震が計6回発生している。相次ぐ地震は、ネット上でも話題に。「怖い」「大きな地震の前触れでは」と戸惑う声が投稿されている。

準備しておきたい7つの備え

首相官邸は「災害に対する家庭での備え」として、「これだけは準備しておこう!」と次の7つの対策を紹介している。
1.家具の置き方を工夫2.食料・飲料などの備蓄3.非常用持ち出しバッグの準備4.家族同士の安否確認方法を決めておく5.避難場所や避難経路を確認6.「内閣府防災」など関連お役立ちサイト7.首相官邸や消防庁のSNSなど、もしもの時の情報収集
大規模災害時の食料・飲料の備蓄は「1週間分」が望ましいという。また、デマに流されないよう正確な情報を得られるようにしておくことが大切だ。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード