HOMEトレンドニュース AIが企業の経営判断に意見する時代に?日立が基礎技術を開発

AIが企業の経営判断に意見する時代に?日立が基礎技術を開発

長澤まき

2016/06/02(最終更新日:2016/06/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Shutterstock

AIが企業の経営判断にアドバイスする時代が近づいている。

賛否が分かれる議題に意見を提示

日立は2日、賛否が分かれる議題に対して、賛成・反対双方の立場から根拠や理由を伴った意見を日本語で提示する人工知能(AI)の基礎技術を開発したと発表した。今後さらに研究開発を進め、グローバルな企業の経営判断を支援するAIの実現を目指すという。

大量の記事を分析して意見を提示

日立は昨年、大量の英語記事を分析して英語で意見するAIの基礎技術を開発した。与えられた「テーマ」に対して大量のニュース記事を解析して、ひとつの側面に偏ることのない、より確実性の高い根拠や理由を英語で提示するという技術だ。しかし、日本語など他の言語へ展開する際には、それぞれの言語に対応するプログラムをつくる必要があり、展開が難しいとされていた。

ディープラーニングで言語に依存せずに識別

しかし今回、数千の記事に対して根拠・理由を表す文を抽出して学習させることでAIが法則やパターンを自ら導き出して、根拠文や理由文を識別。また、どの語句に注目するか推定しながら学習する機能を追加したことで、注目すべき箇所を的確に捉えられるように。この手法により、言語に依存せずにテーマへの関連性が高い根拠文や理由分を識別すること可能になったという。

経営判断を支援するAIを実現へ

日立は今回開発した技術について、次のようにコメント。

hatenaはてブ