HOMEライフスタイル パスポートの新デザインが決定!見開きごとに異なる「冨嶽三十六景」の作品

パスポートの新デザインが決定!見開きごとに異なる「冨嶽三十六景」の作品

長澤まき

2016/05/18(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

「外務省」報道発表

新しいパスポートの基本デザインが決定した。

2019年度中に「新パスポート」を導入へ

外務省は18日、次期パスポートの基本デザインを葛飾北斎の「冨嶽三十六景」に決定したと発表した。
「外務省」報道発表

「外務省」報道発表

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを念頭に、2019年度中の導入を目指しているという。

全ページ異なるデザインに

次期パスポートは表紙は現在と同じだが、見開きごとに「冨嶽三十六景」の作品を採用し、全ページ異なるデザインに。
「外務省」報道発表

「外務省」報道発表

「青山円座松」や「江戸駿河町三井見世略図」など冨嶽三十六景の24作品が使用される。

「日本を代表する浮世絵」が採用理由

基本デザインの選定にあたっては、事前に有識者会合を開催した後、複数の候補について議論の内容を踏まえて決定。外務省は「冨嶽三十六景」を採用した理由を次のように説明している。
「冨嶽三十六景」は世界的にも広く知られ,富士山をメインモチーフとし,まさに日本を代表する浮世絵である
元マラソン選手の有森裕子さんや俳優の関口知宏さん、東京芸術大学の中林忠良名誉教授などがデザイン選定メンバーを務めた。

なぜデザインを変更?

なぜパスポートのデザインは変更されることになったのだろうか?外務省はセキュリティ向上の観点から、定期的にパスポートの仕様を変更。新デザインの次期パスポートは各ページデザインが異なることから、偽変造対策にも効果があるとみられている。

世界中でパスポートの偽変造対策が進む

テロをはじめとする国際犯罪が問題となっている中、世界中でパスポートの偽変造対策が進められている。ノルウェーでは2014年に次期パスポートのデザイン公募が行われ、山やオーロラなどノルウェーの風景がかかれたデザインが選出された。
「中日ノルウェー王国大使館」HP

「中日ノルウェー王国大使館」HP

偽造防止のための最新技術が用いられており、ブラックライトを当てると隠れた絵柄が出現。
「駐日ノルウェー王国大使館」HP

「駐日ノルウェー王国大使館」HP

カナダのパスポートも、同じようにブラックライトで隠れた柄が浮かび上がる仕様になっている。

hatenaはてブ