HOMEトレンドニュース 老いた両親や子供の代わりに料金を支払える「電子タクシーチケット」が始まる│北九州の勝山タクシー

老いた両親や子供の代わりに料金を支払える「電子タクシーチケット」が始まる│北九州の勝山タクシー

mog

2019/08/28(最終更新日:2019/08/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:株式会社コモニープレスリリース

勝山タクシー(福岡県北九州市)は9月2日から、電子チケットを利用することで、乗客の代わりにタクシーの乗車料金を支払えるサービス「e-taxet」(イータケット)の運用を開始する。

このサービスは株式会社コモニー(福岡市博多区)が開発した電子チケットサービス「commoney」(コモニー)をベースとして、タクシーチケットを電子化したもの。

同社によると、全国のタクシー事業会社での電子タクシーチケットの導入は今回が初という。

チケット発行者が代金を支払える

株式会社コモニー

出典元:株式会社コモニープレスリリース

このサービスを利用すれば、チケットの発行者が現金や電子マネー・ギフト券を送ることなく、相手の代わりに代金を支払うことができる。これにより、運転免許を返納し、通院や買い物に困っている高齢の両親のタクシー利用時や、タクシー代を持ち合わせていない子供が利用する際などの支払いが可能になる。
出典元:株式会社コモニープレスリリース

出典元:株式会社コモニープレスリリース

利用方法は簡単で、スマホアプリからチケットを発行。相手が使った分だけ代理で支払い、代金はチケット発行者のクレジットカード口座から引き落とされる。メールやSNSなどでチケットを相手に送信するため、現金や紙のタクシーチケットを渡す必要がなくなり、盗難や紛失の心配もない。おつりが発生せず、レシートは電子レシートとしてダウンロードでき、紙の領収書を管理する手間も不要になるという。

上限額や有効期間、支払先を自由に設定

チケット発行者は利用上限額や有効期限、支払い先を自由に設定できるため、目的外の利用を防ぐことも可能だ。高齢の両親や子供の利用以外にも、店舗までの利用客の送迎に使用したりと、個人から企業まで広範囲に利用できそうだ。
出典元:株式会社コモニープレスリリース

出典元:株式会社コモニープレスリリース

サービス開始は2019年9月2日15時からの予定。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード