HOMEトレンドニュース パンダ飼育員の努力に感動…!四川省の保護センターに密着した写真集が発売

パンダ飼育員の努力に感動…!四川省の保護センターに密着した写真集が発売

mog

2019/08/26(最終更新日:2019/08/26)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

株式会社産業編集センター(東京都文京区)から、中国・四川省のパンダ保護観察センターに密着した写真集「Panda Love~知られざるパンダの世界~」が発売中だ。可愛らしいパンダの姿やパンダと飼育員との心温まる交流はもちろん、繁殖・飼育の厳しさなど、動物と人間の関わり方について考えさせられる写真集となっている。
出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

ジャイアントパンダと保護に取り組む人々の姿

同書では、ナショナルジオグラフィック誌で活躍する写真家エイミー・ビターリ(Ami Vitale)氏が、中国・四川省の「中国パンダ保護観察センター」でジャイアントパンダと保護活動に取り組む人々を3年に渡って取材を重ねた。
出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

ジャイアントパンダは、愛らしくお茶目な動きで日本でも大人気だが、中国の山奥に住む野生のジャイアントパンダは絶滅が危惧されているという。同センターでは、パンダの繁殖をはじめ、2歳になるまで飼育し、野生に帰す活動をしている。必死の保護活動により、野生のジャイアントパンダの数は増えつつあるが、保護活動を続けなければ危機的状況は変わらないという。

可愛らしい写真から、難しい飼育に懸命に取り組む姿まで

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

同書では、センターで飼育されている可愛い赤ちゃんパンダや、飼育員とパンダの心温まる写真などが沢山掲載されている一方で、パンダの飼育や繁殖に奮闘する飼育員の懸命な姿も捉えている。
出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

上の写真は、パンダの着ぐるみを着た飼育員が赤ちゃんパンダを抱いている様子。野生に帰すことを目標としているため、人間に慣れすぎないように出来るだけパンダに近い格好をし、着ぐるみにはパンダの糞尿のにおいを染み込ませているというので驚きだ。他にも、健康管理をはじめとして、餌の見つけ方や木の登り方などを教えるために奮闘する飼育員の姿も同書では多く紹介している。▼エイミー・ビターリ氏
出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

出典元:株式会社産業編集センタープレスリリース

書名:Panda Love~知られざるパンダの世界~著者:エイミー・ビターリ訳者:市前奈美定価:本体2,500円+税仕様:ハードカバー、オールカラー144ページ発売日:2019年7月16日ISBN:978-4-86311-232-2https://www.shc.co.jp/book/10955

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード