HOMEトレンドニュース 東京・原宿にタピオカ専用ゴミ箱を設置!ブームの陰で起こる深刻なポイ捨て問題に着目

東京・原宿にタピオカ専用ゴミ箱を設置!ブームの陰で起こる深刻なポイ捨て問題に着目

mog

2019/08/02(最終更新日:2019/08/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

NPO法人グリーンバード (東京都渋谷区)と黒糖タピオカ専門店「謝謝珍珠(シェイシェイパール)」は、東京・原宿のコミュニティスペース「subaCO」でタピオカ専用ゴミ箱の設置を8月1日から開始した。

深刻化するタピオカゴミ問題

日本中で空前のブームとなっているタピオカ。一方で、タピオカの容器やストロー、飲み残しがポイ捨てされている「タピオカゴミ」の問題が深刻化している。
出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

タピオカ専門店が20店舗を超える東京・原宿から表参道の間には、計13カ所の公共のゴミ箱が設置されているが、形状の大きい容器がゴミ箱の投入口を塞ぎ、周辺にゴミが溢れかえってしまう風景も少なくない。
出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

2002年に原宿で誕生した街のゴミ拾いを行う同法人も、ゴミ拾いの活動中、タピオカゴミを拾う機会が急激に増えたという。
出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

どのブランドのタピオカ容器でも捨てることが可能

出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

出典元:特定非営利活動法人 green birdプレスリリース

この問題を解決すべく開発されたタピオカ専用ゴミ箱は、原宿の玄関口である東京メトロ明治神宮前駅徒歩1分のコミュニティスペース「subaCO」店内に設置された。インスタ映えするデザインで、どんなブランドのタピオカ容器でも捨てることが可能。回収したタピオカ容器1つにつき1円が、同法人の活動に寄付される。バケツとザルに飲み残しを分別して捨ててから、容器を専用BOXに投入するので、飲み残し問題にも対応している。このゴミ箱設置をきっかけに、ブームの陰に潜むゴミ問題が今後改善していくことを期待したい。【タピオカ専用BOX 詳細】設置場所:寄付を始めるコミュニティスペース「subaCO」店内。住所:東京都渋谷区神宮前6-31-21(明治神宮前駅 徒歩1分)営業時間:13時から18時(定休日:火曜)設置期間:8月1日から12月26日

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード