HOMEトレンドニュース JALが国内線予約を搭乗日330日前に拡大!2019年9月10日予約分から、すべての運賃種別で

JALが国内線予約を搭乗日330日前に拡大!2019年9月10日予約分から、すべての運賃種別で

mog

2019/06/06(最終更新日:2019/06/06)


このエントリーをはてなブックマークに追加

JAL資料写真/2017年撮影

日本航空(JAL)は6月6日、国内線航空券の予約・購入期間を搭乗日の330日前からに拡大すると発表した。予約・購入期間の拡大は2019年9月10日予約分から。この変更で早期からの予約が可能となり、以前よりも便利に国内線を利用することができるとしている。

予約期間の拡大でよりわかりやすく便利に

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

改定前は運賃種別によって予約可能期間がそれぞれ異なっていたが、改定後はすべての国内線運賃種別の予約が搭乗日330日前から開始となり、よりわかりやすく設定した。

取消・払戻手数料についても一部改定

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

今回の予約販売期間の拡大に伴い、各種運賃の取消・払戻手数料についても取扱いの一部変更を行う。変更後、搭乗日330日前~55日前までは取消手数料がかからず、払戻手数料のみがかかるようになる。サービス変更の詳細については、JAL Web【国内線運賃のルール変更について】で確認できる。なお、JALは国内線に先立って4月1日から国際線の予約も搭乗日360日前に変更し、従来より30日間早めている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード