HOMEライフスタイル ロッテの「チョコパイ」がホールケーキに!鎧塚シェフ監修、チョコパイ13個分の重量!

ロッテの「チョコパイ」がホールケーキに!鎧塚シェフ監修、チョコパイ13個分の重量!

後藤みき

2018/11/19(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:株式会社ロッテプレスリリース

株式会社ロッテから11月19日、“生”チョコパイ「FRAISIER(5号)」が登場しました。

チョコパイを5号のホールケーキに

「“生”チョコパイ」は、ロッテのロングセラー商品「チョコパイ」をケーキのような生品質に仕立てた商品です。「Toshi Yoroizuka(トシ・ヨロイヅカ)」のオーナーシェフ・鎧塚俊彦氏監修のもと、厳選した素材と濃厚さにこだわり、消費期限が2日の本格的な生品質を堪能できるそうです。今回の新商品は、2018年4月に東京・新宿の京王百貨店 新宿店内にオープンした“生”チョコパイ専門店で1番人気のFRAISIER(フレジェ)が、シェアできる5号サイズになって登場しました。重量は通常チョコパイの約13個分もあり、インパクトも抜群。まるごと苺とピスタチオで仕上げたフレジェをたっぷり堪能できます。
アイキャッチ

出典:株式会社ロッテプレスリリース

本商品は“生”チョコパイ専門店にて、税込2376円で販売中です。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード