HOMEライフスタイル 丸まる構造を徹底研究した「だんごむし」のガシャポンが登場!

丸まる構造を徹底研究した「だんごむし」のガシャポンが登場!

後藤みき

2018/08/23(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

「だんごむし」/株式会社バンダイ

株式会社バンダイのガシャポン(カプセルトイ)に「だんごむし」が登場しました。

丸まって出てくるだんごむしのおもちゃ

今回の「だんごむし」は、世界初というだんごむしの1000%スケールモデル。ダンゴムシの構造を徹底研究して丸まる体を再現しています。カプセルはなく、自販機から丸まった状態(直径約74ミリ)でそのまま転がり排出され、広げると全長約140ミリの歩行時の形状になります。
sub6

「だんごむし」/株式会社バンダイ

カラーバリエーションは、最もなじみ深い黒い「だんごむし」、イリドウイルスに感染して青くなった「青いだんごむし」、アルビノで体が白く目が赤い「白いだんごむし」の3種類です。触覚や脚も忠実に再現しています。
sub1

「だんごむし」/株式会社バンダイ

色違いの第2弾も発売決定

「だんごむし」のSNS等での反響の大きさより、新色の発売がすでに決まったそう。都会で多くみられる通常より色が薄い「グレーのだんごむし」や、食べ物等の影響により殻が赤くなったといわれる「赤いだんごむし」、そして、見たこともないようなオレンジ色(アルビノ)で目が赤い「クリアオレンジのだんごむし」の3種類です。
sub4

「だんごむし」/株式会社バンダイ

「だんごむし」は全国のおもちゃ売場、量販店などに設置された自販機で発売中。1回500円でガシャポンを回せます。第2弾の「だんごむし2」は、12月下旬より順次発売予定だそうです。通常ならなかなか遭遇しないだんごむしが当たる可能性もあるので、気になる方はぜひ挑戦してみてください。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード