HOMEライフスタイル Airbnbに聞く「民泊」利用時の注意点4つ

Airbnbに聞く「民泊」利用時の注意点4つ

後藤みき

2018/07/20(最終更新日:2018/07/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ/Fotolia

近頃よく耳にする「民泊」。まもなく迎える夏休みに利用しようと検討している方もいるのではないでしょうか。宿泊先によってもルールは変わってきますが、民泊利用の際に知っておきたいことを民泊サービスAirbnb(エアビーアンドビー)の担当者に伺いました。

1.ルールをしっかり守る

リスティング(宿泊施設)ごとに決められたキャンセルポリシーやハウスルールを守ることでトラブルを回避してほしいです。大きな音を出すパーティーなどは禁止されているものもあるので、事前に確認しましょう。

2.メールツールを活用する

わからないことや不安なことは事前にホストさんにAirbnbのメールツールで確認しましょう。Airbnbのホストは、メールのレスポンスも早く、対応が丁寧な人が多いです。なかでも、ゲストへの対応の良さを高く評価されている「スーパーホスト」を選べば、さらに安心です。
イメージ/Fotolia

イメージ/Fotolia

3.目的にあった部屋選び

目的にあったリスティングを選びましょう。今回の旅行が家族旅行なら、「ファミリーコレクション」からお部屋を選べば丸々貸切のお部屋やキッチンつきのお部屋が探せるので、小さいお子さんがいても周囲を気にせずに安心して過ごすことができます。出張で利用するなら「出張コレクション」を使えば、いつでもチェックインができる「セルフチェックイン」のお部屋やノートPC用のワークスペースがあるお部屋を選ぶことができ、ストレスフリーです。

4.積極的に交流を

ホストやほかのゲストとも積極的に交流しましょう。複数のゲストと一緒に宿泊するタイプのリスティングなら、コミュニティが広がるチャンスです。自分から積極的に交流をしてホストやほかのゲストと信頼関係を築くことで、トラブル回避はもちろん、地元のおすすめ情報を教えてもらえることもあります。また、事前にAirbnbコミュニティ基準を確認してみてください。
古民家 民泊

イメージ/Fotolia

宿泊の費用が抑えられることはもちろん、様々な人とのコミニュティが広がることも民泊の魅力のひとつですね。民泊を利用する際には、事前に宿泊先のルールをしっかり確認して旅行を楽しみましょう!

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード