HOME特集 デスクワークでの体重増加を防ぐ5つの習慣

デスクワークでの体重増加を防ぐ5つの習慣

杉本真奈美

2014/06/17(最終更新日:2014/05/30)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

デスクワークで一日中ほぼ座りっぱなしとなると、当然ながら消費されるカロリーは少なくなる。それなのに、息抜きにとスナックやチョコレートをつまんでしまうことはないだろうか。ランチだけが楽しみとデザートまでつけてない?これでは体重増加は避けられないかも。

POPSUGAR」で紹介されていた、デスクワークでの体重増加を防ぐ習慣がこちら。

1.ランチにたっぷりのサラダを食べる

食物繊維が豊富で満腹感も得やすく、カロリーを抑えたいときにおすすめ。できれば手作りのサラダを持参したい。いろいろな野菜をカットしてタッパーなどに詰めるだけでいいので手間もかからないと思う。

野菜だけでなく、たんぱく質源となる、豆類や豆腐、カッテージチーズ、ボイルした鶏肉なども加えたい。また、ドレッシングもできれば手作りを。オリーブオイルと塩コショウを振りかけるだけでも十分。

2.休憩時間にウォーキングをする

ランチを食べた後、そのまま休憩時間が終わるまでデスクでネットサーフィンなどしていない?気分転換もかね、外に歩きに出たい。

ウォーキングはカロリーを消費できるだけでなく、ストレスオフにもなるという。また、最近では座り過ぎが健康に良くないとの調査もあるので、せめて立ち上がってストレッチを。

3.ミント系の歯磨き粉で歯を磨く

食後のあとには歯を磨くこと。虫歯や口臭を防ぐだけでなく、「これで食事を終えた」という意識付けにもなる。何かをつまんだあとや、砂糖やミルクを入れたコーヒーを飲んだ後にも磨くようにしたい。ミントには食欲を抑える働きも。

4.ヘルシーなスナックを用意しておく

お土産など、差し入れで甘いものが提供されたりすることもあると思う。そんなときに誘惑に負けないよう、ヨーグルトやフルーツを冷蔵庫に隠しておいたり、ダークチョコレートやナッツなどを引き出しに忍ばせておくのがおすすめ。

5.こまめに水を飲む

のどの渇きによって空腹感を招くことがあるので、一日を通して水分補給をしっかり行いたいところ。

とはいえ、砂糖たっぷりのソーダなどはもちろん、野菜ジュースやフルーツジュース、缶コーヒーなども糖質が多くカロリーもあるので避けたい。常にボトルの水をデスクの上に置いておくのがベスト。


hatenaはてブ