HOME特集 毎日500kcalをカットする15の方法

毎日500kcalをカットする15の方法

杉本真奈美

2014/06/12(最終更新日:2014/06/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

最もベーシックなダイエットのやり方は、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすこと。それには2つの方法が考えられる。1つは、そもそもの摂取するカロリーを今より減らす。もう一つは、摂取カロリーはそのままに消費量を増やす方法だ。

ここでは「Health」をヒントに、ちょっとした意識を変えるだけで500kcalをカットする方法を紹介したい。

1.せっかちになる

たとえば電話をしながら部屋を歩き回ったり、貧乏揺すりをしたり、落ち着きなくせかせかと動くだけで1日に多くて350kcal消費できるそう。

2.ナッツをやめる

ナッツは良質のオイルとたんぱく質が摂取できるため、間食におすすめ。でも、高カロリーであることも事実。あくまでカロリーの面だけを見れば、食べないのも1つの選択。

3.テレビを見ながら食べない

マサチューセッツ大の調査によると、テレビを見ながら食事をすると、見ないときよりも288kcalも多くカロリーを摂取してしまうらしい。

4.サラダのトッピングを制限する

サラダはヘルシーと思われているけれど、チーズ、クルトン、ベーコン、アボカド、ナッツ、ドライフルーツといったトッピングを使っていたらカロリーはどんどん上がってしまう。ドレッシングも通常の半分程度の量にセーブを。

5.小さいお皿を使う

お皿の大きさを5cm程度小さくするだけで、食べる量が20〜25%も減らせるそう。

6.コーヒーはブラックで

コーヒーにミルクやシロップをたっぷりいれたり、ましてやクリームを乗せていたというなら、それをすべてやめるだけで600kcalは減らせる。

7.スナック類は数えながら食べる

無意識に空になるまで食べ続けてしまうので、自分がどれだけ食べたかを意識するためにも数えながら食べてみて。それができそうにないなら、100kcal程度に小分けになっているのを買うのもあり。

8.カロリーのある飲み物を避ける

砂糖がどっさり入った清涼飲料水はもちろん、缶コーヒーや野菜ジュース、フルーツジュースもできれば避けたい。お酒も炭酸水で割ったものなどを選ぶように。

9.主食を半分にする

日本人の食生活は、炭水化物に偏りがちとも。主食を半分に減らすだけで、大きくカロリーカットに。

10.食べ切ろうとしない

ちょっと多いと思っても、もったいないからと無理して食べ切ろうとしてしまうもの。それを避けるためにも、はじめから「ご飯は少なめで」などお店にお願いするようにしたい。

11.スムージーはほどほどに

スムージーは健康的なイメージがあるけれど、ミルクやフルーツを多く使えばそれだけ高カロリーに。朝は、オートミールに軽くフルーツをトッピングしたものに置き換えればカロリーがセーブできる。

12.「ヘルシー」の文字に気をつける

コーネル大の調査によると、人はヘルシーと聞いただけで油断してしまい、結果的に多くのものを食べてしまうらしい。

13.十分な睡眠を取る

睡眠時間が一日5時間半しかない人は間食が多いということが、シカゴ大の調査によって明らかに。

14.料理をする

買い物をしたり、調理をしていると身体を動かすことになるのでカロリー消費に。

15.空腹感と満腹感を感じる

時間だからといってお腹が減っていないのに食べたり、逆にお腹がいっぱいなのにダラダラと食べ続けたりするのも余分なカロリー摂取につながるのでやめたい。[netarika href="self"]イロリオでこの記事を読む。[/netarika]


hatenaはてブ