HOMEライフスタイル 手のひらに描いた絵を紙にペタッ!新たなアート「ハンド・スタンピング」がステキ

手のひらに描いた絵を紙にペタッ!新たなアート「ハンド・スタンピング」がステキ

近藤辰也

2015/07/13(最終更新日:2015/07/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram/pangaeanstudios

絵を描くにはいろいろな手段があるが、こんな方法もあったのかと思わせる作品をご紹介しよう。

米カリフォルニアの小学校の教師をしているラッセル・ パウエルさんは様々なポートレートを描いているが、何よりも個性的なのは、手のひらに描いた作品だ。

当然、これは洗い流すことになる運命なのだが、パウエルさんは手のひらを写真に撮ると同時に、スタンプのように紙に押しつけ、作品として残しており、この過程をご本人は「ハンド・スタンピング」と呼んでいる。

人の顔を描いているだけに、手のひらのシワや肌の質感が妙にリアルで、モノクロ写真をコピーしたような、不思議な雰囲気がある。

これだけ緻密な絵だと出来上がるまでに時間がかかりそうに思えるが、パウエルさんは非常に早く描くことができるそうで、絵の具が乾くことはないのだとか。

 ▼こちらはパウエルさん

▼ハンド・スタンピングの様子はこちら


hatenaはてブ