HOMEライフスタイル 【いるだけで楽しそう!】ルーマニアに19世紀の建物を修復した豪華な書店が登場

【いるだけで楽しそう!】ルーマニアに19世紀の建物を修復した豪華な書店が登場

近藤辰也

2015/02/21(最終更新日:2015/02/21)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook/Carturesti Carusel

ヨーロッパでは古い建築物が修復され、新たな目的で上手に利用されているケースが多い。だいぶ前に15世紀の教会を改装したオランダの書店を紹介したが、今日ご紹介するのは、19世紀の建物を改装した書店〈Cărtureşti Carusel〉だ。

「光のメリーゴーラウンド」を意味するこの書店は、今月ルーマニアのブカレストにオープンしたばかり。

建物は6階建てで、約1万冊の書籍、5000枚のCDやDVDを販売している。1階にはモダンアート・ギャラリー、地下にはイベントも行えるマルチメディア・スペースが設置されており、最上階はビストロになっている。

書店としての規模もさることながら、〈Cărtureşti Carusel〉の魅力はなんといっても、その雰囲気だろう。ファサードと内装は細かなところまで修復がなされており、装飾的彫刻が施された白いしっくり塗りの円柱は、古代ギリシャが栄華を極めてころのパルテノン神殿はこんな感じだったのではないかと、想像を膨らませてくれる。

〈Cărtureşti Carusel〉は書店であると同時に、美術や文化が最高の形で統合された空間であり、建築学的なランドマークにもなっているようだ。

クリックひとつで本が手に入る通販はもちろん便利だが、そこを訪れるだけで気分が変わるような空間、本の世界を身をもって体験できるような空間を提供してくれるこのような書店は、読書家や本好きにとってありがたい存在と言えるだろう。


hatenaはてブ