HOMEライフスタイル 【国境越しのサッカー】カールスバーグのショートフィルム風CMが話題に

【国境越しのサッカー】カールスバーグのショートフィルム風CMが話題に

近藤辰也

2014/06/07(最終更新日:2014/06/05)


このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube/carlsberg

サッカー・ワールドカップも間近に迫り、“戦闘モード”に突入している人も多いだろう。だが、サッカーには、国境を越えて異なる文化を持つ人たちを結び付ける力もある。

ビールメーカーの〈カールスバーグ〉がそのようなコンセプトでワールドカップ向けのCMを作成した。

舞台となったのはベルファスト(北アイルランド)、ニコシア(キプロス)、コソヴォ。普段、壁や有刺鉄線で隔てられている人たちを“国境サッカー”へお誘いしたというわけ。

ときには有刺鉄線でボールがダメになってしまうこともあったものの、そんなアクシデントも含め、皆、ゲームを楽しんだようだ。

▼「壁の向こうにはドラゴンがいると言われて育った。でも、皆、俺たちと同じ人間だ」

▼「見ていた人たちが皆、立ち上がって拍手をしてくれて、何とも言えない気持ちになった」

「1日で仲良くなれるわけじゃないけど、お互い共存してるんだってことを受け入れるきっかけにはなるでしょう」[netarika href="self"]【動画を観る】【国境越しのサッカー】カールスバーグのショートフィルム風CMが話題に[/netarika]

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=nEaF3WvtMbA[/youtube]


hatenaはてブ