HOMEライフスタイル ミニ・パラシュートでサンドイッチをデリバリーするショップが登場

ミニ・パラシュートでサンドイッチをデリバリーするショップが登場

近藤辰也

2014/03/23(最終更新日:2014/03/24)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Popcity.net

個人で飲食店を開こうと思った場合、大きな都市の繁華街で通りに面した店舗を借りるとなるとばか高い家賃を払わねばならない。ビルの上の階になれば、家賃は安くなるかもしれないが、今度はお客さんがなかなか上まで来てくれなくなる問題が出てしまう。

そんなジレンマを解決すべく、オーストラリアのメルボルンに、注文の品を下で待っている客にミニ・パラシュートでデリバリーする期間限定のサンドイッチショップがオープンした。

店の名前は〈Jafflechutes〉。ホットサンドのオーストラリア風の呼び名「ジャッフル」と「パラシュート」を合わせた造語だ。

〈Jafflechutes〉があるのはとあるビルの7階の一室。

客は注文をし、PayPalで支払いを済ませたら、地面の☓印が付いているところでパラシュートが降りてくるのを待つ。

ミニ無人機やラジコンでピザやスシがデリバリーされるサービスが登場する中、かなり“ローテク”な手段だが、お客さんは遊び感覚で大いに楽しんでいる模様。

ホットサンドの価格はチーズ&トマトが5豪ドル(約460円)、チーズ&ハムが6豪ドル(約550円)。

今後はニューヨークでもプロモーションを行う予定だとか。[netarika href="self"]【他の画像を見る】ミニ・パラシュートでサンドイッチをデリバリーするショップが登場[/netarika]

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=fmxErJcngrg&feature=youtu.be[/youtube]


hatenaはてブ