HOMEライフスタイル マシュマロ×アイスの相性が抜群!今夏大注目のスイーツ「フローズンスモア」をつくってみた

マシュマロ×アイスの相性が抜群!今夏大注目のスイーツ「フローズンスモア」をつくってみた

いんぐりっしゅ

2015/07/19(最終更新日:2015/07/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

6月20日、表参道に日本進出1号店がオープンしたNY発の人気ベーカリー「ドミニクアンセルベーカリー」。開店以来連日行列が絶えず大盛況となっている同店のイチオシメニューといえば、「フローズンスモア」です。

スモア(S'more)とは、火で炙ってふわトロになったマシュマロをグラハムクラッカーとチョコレートで挟んだ食べ物。主にアメリカやカナダなどで、キャンプファイヤーやBBQの火を利用して手軽につくれるオヤツとして人気。

そこで今回は、今夏大注目の「フローズンスモア」を自宅で簡単に手作りできるレシピをご紹介します。

ドミニクアンセル風フローズンスモア

まずは、「ドミニクアンセル」で販売されているフローズンスモアを見よう見まねで再現した、オリジナルレシピから。

<材料>
・特大マシュマロ(適量)
・アイスクリーム(適量)

特大サイズのマシュマロを用意。

マシュマロの側面を1カ所切り取り(この部分はフタとして使用します)、 中身をくり抜きます。

そこへアイスクリームを投入。アイスのフレーバーはお好みで。今回は「ドミニクアンセル」のフローズンスモアを再現するため、バニラアイスにチョコレートチップを加えてみました。

先ほど切り取ったマシュマロの断面でフタをして、冷凍庫へ。

アイスが十分に固まったら冷凍庫から取り出して、表面をバーナーで炙ります。今回は、ライターに取り付けるだけのお手軽バーナー「ポケトーチ」を使用。

凍らせたマシュマロはなかなかいい具合に焦げ目がついてくれなかったため、きりたんぽのような見た目になってしまいましたが、これで完成。

中身はこんな感じ。

 本家と比べると表面のパリパリ感が劣りますが、炙ったマシュマロの香ばしさとふわトロの食感、そして中から出てくる冷たいアイスの相性がやっぱり最高。

巨大マシュマロを使用したので食べ応えもバツグンだし、これからの季節たくさん作って冷凍庫に常備しておけば、小腹がへったときなどに重宝しそうです。

さて、ここからは海外のサイトでみつけたスモアのアレンジ・レシピ。料理初心者でも簡単にできるそうなものを集めてみました。

フローズンスモア・ポップス 

 <材料(5個分)>
・大きめのマシュマロ(5コ)
・つまようじ、もしくは竹串(15本)
・グラハムクラッカー(約30グラム)
・チョコレート(約55グラム)

まずはグラハムクラッカーを粉々になるまで砕きます。ジップロックなどに入れて揉み揉みすると飛び散らず◎。

チョコレートを湯煎で溶かしたら、串を刺したマシュマロをコーティング。さらにその周りにクラッカーの粉をまぶして冷凍庫で20分固めれば完成。

冷凍庫に長く置きすぎるとマシュマロが固くなってしまうので、そうなった場合は常温で数分待ってから食べてください。

詳しいレシピはこちらから→Very Best Baking

フローズンスモア・サンド

 <材料>
・小さめのマシュマロ(適量)
・チョコレート(約85グラム)
・グラハムクラッカー(6枚)

クラッカーの上にマシュマロを均等に置き、オーブンまたはトースターで数分焼きます。マシュマロは焦げるのが早いので要注意。

上部にうっすら焦げ目がついたら取り出してクラッカーで挟み、両面を溶かしたチョコレートでコーティング。

レシピにはなかったのですが、マシュマロを挟む面にもチョコを塗ったほうがマシュマロがくっついていいかと思います。

 このまま冷凍庫で15分ほど冷やし、チョコが固まったら完成。

チョコはパリッ、クラッカーはサクッ、マシュマロはふわっという絶妙な食感。コーティングには溶けにくいチョコを使うのがポイントです。

詳しいレシピはこちらから→MARIN MAMA COOKS

フローズンスモア・サンドwithアイス

 <材料>
・マシュマロ(約60グラム)
・バニラアイスクリーム(約120グラム)
・グラハムクラッカー(4枚)
・チョコレートチップ(適量)

マシュマロをレンジでチンして液状にし、クラッカーの内側に塗り塗り。その上にチョコレートチップを落とします。マシュマロは固くなるのが早いので、ここは手早く。

もう片方のクラッカーにはアイスを塗って、マシュマロの方とサンド。この状態で冷凍庫で冷やし、マシュマロが固まったら完成。 

アイスとマシュマロの食感が絶妙。マシュマロを溶かしたものにメレンゲを加えると、冷凍庫で固めてもフワフワのマシュマロ食感が楽しめます。

詳しいレシピはこちらから→Skinny Kitchen with Nancy Fox

スモア・トリュフ

 <材料(10個分)>
・マシュマロ(約225グラム)
・グラハムクラッカー(9枚)
・チョコレート(約110グラム)
・クリームチーズ(約110グラム)
・ココナッツオイル(約7.5グラム)

クラッカーをフードプロセッサーで粉々にし、そこにクリームチーズを入れてさらにミックス。クラッカーとチーズが均等に混ざったらマシュマロを投入し、マシュマロが小さくなるまでプロセッサーにかけます。

パン生地のような状態になったら、それを小さな丸になるように手でこね、湯煎で溶かしたチョコレートにココナッツオイルを加えたものでコーティング。30分ほど冷蔵庫で固めたら完成です。 

クリームチーズとクラッカーの塩っ気がスモアを大人のスイーツに格上げ。甘すぎないので次から次へパクパクいけちゃいます。コーティング用のチョコレートをダークやミルク、ホワイトなどと変化させてみるのもいいかもしれません。

詳しいレシピはこちらから→sheknows.com


hatenaはてブ