HOMEライフスタイル 「猫の楽園」の悲惨な未来を防げ。猫200匹の離島「青島」で一斉不妊・去勢手術が実施される

「猫の楽園」の悲惨な未来を防げ。猫200匹の離島「青島」で一斉不妊・去勢手術が実施される

羽田 早菜

2018/10/16(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:公益財団法人どうぶつ基金

猫の楽園として知られる愛媛県大洲(おおず)市の瀬戸内海に浮かぶ離島・青島で10月2、3日、島の猫への一斉不妊・去勢手術が行われました。【関連記事】猫200匹の島「青島」で一斉不妊手術を実施。住民高齢化で世話負えず、繁殖制限へ

猫の楽園の目を覆いたくなる現実

不妊・去勢手術は、公益財団法人どうぶつ基金(本部・兵庫県芦屋市)が、島民からの「住民の高齢化で世話が難しい」といった要望や、訪れた観光客からの島の現状を危ぶむ声を受けて実施しました。同基金によると、猫の写真集やネット上の動画などで有名になった青島は「猫の楽園」として、世界中から観光客が殺到。しかし、実際には競争に負けて人間が与えるエサにありつけない猫が多く、飢えた猫に食い殺されてバラバラになった子猫の死骸など、悲惨な現実に目を覆うばかりだったと言います。これまでにも愛媛県獣医師会などがボランティアで不妊・去勢手術を施していましたが、未施術の猫の一部が繁殖を繰り返していたそうです。
出典:公益財団法人どうぶつ基金

出典:公益財団法人どうぶつ基金

島の猫172匹に不妊・去勢手術

青島では10月2日から、どうぶつ基金の職員やボランティアら約20人で猫の捕獲を開始。猫に不妊手術とワクチン投与、ノミダニの駆除を行いました。当初3日間の予定だったプロジェクトは、台風の影響で一昼夜に短縮。3人の獣医師が限られた時間で172頭に手術を施しました。
出典:公益財団法人どうぶつ基金

出典:公益財団法人どうぶつ基金

今回、ほぼすべての猫に不妊・去勢手術を実施。同基金では、青島の猫の頭数はこれ以上は増えることはなく、将来的に減っていくと推測しています。同基金では、増えすぎて殺処分される犬や猫を救おうと、全国から要請を受けて無料で不妊・去勢手術を行っています。活動を継続するため、公式サイトで善意を募っています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード