HOMEライフスタイル もしも子猫を拾ったら…?そんな時にタメになるTwitterアカ「仔猫を拾ったので」の投稿者を取材

もしも子猫を拾ったら…?そんな時にタメになるTwitterアカ「仔猫を拾ったので」の投稿者を取材

羽田 早菜

2018/09/23(最終更新日:2020/01/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@yukifuri0biyori

Twitterに子猫の成長を詳細に記録する「仔猫を拾ったので」というアカウントがあります。今回はその投稿者さんや保護した黒猫について、ご紹介したいと思います。

子猫の成長記録をつづるアカウント

仔猫を拾ったので(@yukifuri0biyori)の投稿者さんは2018年4月21日、道端にへその緒が付いたまま、横たわっている子猫を発見しました。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

母猫が戻るまで様子を見ていましたが、どうやら子猫は置き去りにされてしまったんだとか。そのため、投稿者さんが子猫を保護することに。子猫の様子から、生後1日くらいと推測。抱き上げた子猫は冷たく、今にも死にそうな状態だったといいます。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

自宅に子猫を連れ帰り、冷えた体を温めるため、タオルで包んだホッカイロで子猫をサンドしたそうです。子猫の体温を温めながら、栄養を与えようとするも、子猫用の粉ミルクがありません。そこでコンビニで調整豆乳を購入し代用。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

調整豆乳を水で薄めたものをさらに温め、カテーテルを子猫の食道に通し、直接「胃」に調整豆乳を流すことにしました。なんとか保護初日の峠を越えて子猫の体調も徐々に回復し、食欲も増加。なお、子猫の名前はティチャラくんと名付けたそうです。

ついに両目が開眼、すくすく成長!

順調に成長するティチャラくん。保護してから14日後に目が開き始めたそうです。そして保護してから、17日目にして完全に両目が開眼!食欲も旺盛になり、子猫らしくなったティチャラくん。ついに自力で排泄ができるようになったそうです。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

その後、ティチャラくんが少し体調不良になったこともありましたが、投稿者さんがしっかりとお世話をして元気に成長!現在ティチャラくんを保護してから5カ月が経過し、体重も2.8キロとなり、大きく育っています。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

Twitterだと分かりやすいかなと

今回「仔猫を拾ったので」のアカウントやティチャラくんについて、飼い主さん兼投稿者さんにお話を伺ってみました。―― Twitterにティチャラくんの成長記録を公開した理由を教えてください。
特に意味はありません。ただ単に個人的な成長記録として、Twitterだと分かりやすくて「いいかな」と思った程度です。また、自分ではあまり詳細にツイートをしているつもりはありません。さすがに初日あたりは多めでしたが、140字以内に記録を収めれば三日坊主にならず、気軽に続けられるかなと思いました。通常の公開にしたのは「特に誰もこのような単調な成長記録は見ないだろう」という気持ちでした。もし見た場合でも、産まれたその日からの記録になっているので、同じように子猫を拾った方々が見たら「ちょっとは分かりやすいかな」くらいの気持ちでした。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

―― 子猫のお世話が的確で驚いたのですが、どのようにして知識を得たのですか?
ノーコメントです(笑)
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

―― ティチャラくんの体重をこまめに計測されていますが、体重のほかに体調面で気をつけていることはありますか?
体重測定は前提として元気、食欲、下痢や嘔吐の有無、排尿の状態、皮膚の状態など、一応一通り確認はしています。「ひとまず気になることは動物病院へ」といったところでしょうか…。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

―― 子猫を保護した方に向けて、何かアドバイスはありますか?
子猫を保護したら、同じくひとまず動物病院へ。健康面もそうですが、特にノミの感染は非常に多いので、人間や他の同居動物にうつらないよう注意が必要です。月齢や拾った時の状態によって対処は異なることもありますので、どうしても病院に行けない場合は、夜間救急へ一度お電話で相談してみるのも良いかと思います。
―― ありがとうございました。
Twitter/@yukifuri0biyori

Twitter/@yukifuri0biyori

投稿者さんの献身的なお世話によって、ティチャラくんが元気に成長したんですね!ティチャラくんの成長記録が気になる方は、ぜひTwitterアカウント(@yukifuri0biyori)をチェックしてみては。※この記事のツイートと画像は仔猫を拾ったのでさんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード