HOME特集 【制作者に取材】\"豆本\"の中にドールハウスを閉じ込めたミニチュア作品が素晴らしい!

【制作者に取材】\"豆本\"の中にドールハウスを閉じ込めたミニチュア作品が素晴らしい!

羽田 早菜

2018/06/03(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@mame_lili_lily

豆本の中にドールハウスを閉じ込めた作品に注目が集まっています。

豆本の中にドールハウス!?

「豆本ドールハウス作家」の北野有里子さん(@mame_lili_lily)が5月24日、自身が制作した「豆本ドールハウス」の作品を動画で撮影し、Twitterに公開しました。北野さんが指先で豆本を開くと、なんと中には小さなドールハウスが…。豆本をくるくると横に回転すると、それぞれ異なる部屋が現れます。
Twitter/@mame_lili_lily

Twitter/@mame_lili_lily

飛び出す絵本にも似ていますが、緻密で繊細な作りに思わずうっとり。また、きちんとタンスの扉が開くところにも感動。細部に渡って精巧に作られた作品です。
Twitter/@mame_lili_lily

Twitter/@mame_lili_lily

ツイートには「素晴らしい!!」といった声も。北野さんが制作した作品が素晴らしいと話題を呼び、「いいね」も2万6000件を突破していました。

イベントや展示会などに出展中

現在、北野さんは「豆本ドールハウス作家」として活動し、イベントや展示会へ作品を出展しています。また、ハンドメイド通販サイトのminneEtsyでも作品を販売中。さらに少し前から、組立作業の外注をスタート。さまざまな理由で外で働けない方のために、在宅でのお仕事を提供しているそうです。
Instagram/@miniature_POP_UP_book

Instagram/@miniature_POP_UP_book

心から楽しめる趣味を持ちたくて…

なぜ「豆本ドールハウス作家」になってみようと思われたのでしょうか?さっそく、北野さんにお話をうかがってみました。――「豆本ドールハウス作家」になってみようと思ったきっかけは?
制作を始めたのは2007年くらいからで「豆本ドールハウス」の形ができたのは2008年くらいです。2009年からブログも始めました。心から楽しめる趣味を持ちたいと思っていたところ、仕掛け絵本と出会い、自分でも作ってみようとチャレンジしました。始めた当初はとにかく仕事が忙しくて「ただただ、夢中で何かを作りたい!」という思いからでした。
Instagram/@miniature_POP_UP_book

Instagram/@miniature_POP_UP_book

―― 「豆本」ではなく「豆本ドールハウス」を制作された理由を教えてください。
実は「豆本ドールハウス」は私が作った造語です。今年の1月に商標登録しました。(登録商標番号:登録第6008002号)。最初は大きな本を作っていたのですが、私は絵が描けないので、なかなか白い紙が埋まらず悩んでいました。その時にとある新聞記事で豆本の存在を知り、小さくすることで課題がクリアできる上に可愛らしい作品に仕上がるので、さらに夢中になりました。また同じ頃に大型の仕掛け絵本に、ドールハウス型のものがありまして小さくしてみたら、それもとても可愛かったので、そのままずっと作り続けています。
Instagram/@miniature_POP_UP_book

Instagram/@miniature_POP_UP_book

―― 「豆本ドールハウス」の作り方について
簡単に制作過程をご紹介します。1. デザインを考えます。2. Illustratorで展開図を作成します。(イラストは基本手的には素材集から。他の作家さんとコラボすることもあります。)3. 印刷して、カットして組み立ててみます。4. 展開図を修正します。5. 3と4を納得がいくまで繰り返します。6. 表紙を考えます。7. レーザーカッターで切り抜くためのカットデータを作成します。8. 印刷会社に入稿します。9. 加工屋さんにカットデータを入稿します。10. 印刷済みの用紙が加工屋さんに入稿されます。11. 加工屋さんからカット済みの用紙が納品されます。12. 組み立てて完成です。
Instagram/@miniature_POP_UP_book

Instagram/@miniature_POP_UP_book

―― 今回の「豆本ドールハウス」の制作で、難しかったまたは苦労した部分はどこですか?
今回の作品に関しては、これまで作ってきたものを小さくしただけなので、特に苦労はありませんでした。レーザーカットしてくれた外注さんは大変だったみたいです。
Twitter/@mame_lili_lily

Twitter/@mame_lili_lily

―― 「豆本ドールハウス」を制作する上で、こだわりや大切にしていることはありますか?
作品には何度開いても新しい発見があるような、たくさんの仕掛けを盛り込みたいと考えています。今回の試作品である20×15ミリメートルの「豆本ドールハウス」ではなかなか難しいですが…。今回の「豆本ドールハウス」のびっくりポイントは“1/12サイズの本棚に何気なく入っている”という部分なので、たくさんの方に驚いていただいて本当にうれしく思っております。
―― ありがとうございました。
豆本や仕掛け絵本の要素を取り入れて編み出された作品だったんですね!なお、北野さんは6月16日~17日に開催される「東京ドールハウス・ミニチュアショウ」に出展するそうです。北野さんの作品が気になる方は、ぜひイベントにも足を運んでみてはいかがでしょうか。※この記事の動画と画像は北野さんの(@mame_lili_lily)(@miniature_POP_UP_book)の許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード