HOME特集 【取材】2万件RTで3日間“1000食”の弁当を無料配布する「キッチンDIVE」の販売方法が面白いw

【取材】2万件RTで3日間“1000食”の弁当を無料配布する「キッチンDIVE」の販売方法が面白いw

羽田 早菜

2018/05/21(最終更新日:2020/01/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@divemamuru

お弁当屋さんのユニークな販売方法が面白いと、Twitterで話題になっています。

RT数でお弁当を無料配布!?

5月16日、東京都江東区・亀戸にある「キッチンDIVE」のアカウント(@divemamuru)がリツート数によって、お弁当を無料配布するという内容を投稿しました。上記ツイートが2万リツートされた場合は「200円弁当」を3日間“1000食”を無料配布するというもので、さらに5万リツートで1週間、10万リツートで1カ月と無料配布期間が長くなるんだとか。
Twitter/@divemamuru

Twitter/@divemamuru

まず、このボリュームのお弁当が「200円」という価格にも驚きますが、もともとの価格が安い上に、お弁当を無料配布して採算が取れるのでしょうか…。また、リツートの期限はツイートした日(5月17日)から72時間までということで、すでに5月18日の時点で2万9000件以上はリツートされています。そのため、「200円弁当」の3日間無料配布は決定した模様。ツイートには「食べに行きたいお」「200円安っ。」「近くに欲しい…」などの声が多数よせられていました。

ユニークな販売方法が話題に!

「キッチンDIVE」では、以前からリツートされた数によって、激安で惣菜やお弁当を販売していたんだとか。また、1キロのおにぎりを商品に加えてみたりと、他のお弁当屋さんにはないユニークな販売方法で話題を集めています。

自分の価値観、倫理観や楽しいことを発信

なぜ、このようなユニークな販売方法をしてみたのでしょうか?さっそく、「キッチンDIVE」の店長さんにお話をうかがってみました。―― リツイートされた数でお弁当を無料配布する「販売方法」を試そうと思った理由は?
以前Twitterで友人にiPadを壊されたのでリツイートされた数×5円を弁償させるというツイートがTLに流れてきたことがありました。それをアイデアに「1000リツイートしたら1円でコロッケを売ります」とツイートしたところ、とても多くの反響がありました。その延長線上で、今回の2万リツイートで「3日間1000食無料祭り」を提案しました。
―― 1キロのおにぎりなども販売していますが、ユニークなアイデアはどのようにして生み出していますか?
1キロおにぎりや1キロ弁当のアイデアは、店長である私が遊び半分で作っていて、店頭に並べたところ完売しました。そこで毎日続けて1キロおにぎりを商品として出していたら、販売個数が順調に伸びてきました。
―― お財布にとても優しい価格ですが、採算はとれていますか?
当店の運営スタイルは、売上高を上げることにより固定費の圧縮を狙って利益を出しています。売上が300万で家賃が30万だったとしたら、家賃比率が10パーセントですが、600万の売上があれば5パーセントに下がります。ですので「200円弁当」を商品として販売することが可能なのです。ニコニコ超会議にも、お弁当屋さんで出店していますが、実は80万~100万くらいの赤字です。これは私がニコニコ超会議の10日前に骨折をしてしまい、お弁当が作れなかったことが要因です。来年もニコニコ超会議への出店を考えていますが、来年は黒字になると思います。
―― Twitterの反響について
「キッチンDIVE」のTwitterアカウントは、店長の私が趣味でやっています。自分の価値観だったり倫理観や楽しいと思える事を発信しています。今回のツイートで皆様に楽しんでもらって、多くの人に共感や応援していただいて大変満足しています。でも、今回は予想より反響は大きかったなぁと思っています…。
―― ありがとうございました。お店の運営スタイルを守りつつ、ユニークな方法でお弁当を販売していたんですね。なお、「キッチンDIVE」での「200円弁当」の3日間無料配布は6月以降になる予定です。「200円弁当」が気になる方は、ぜひこの機会に「キッチンDIVE」まで足を運んでみては。※この記事のツイートと画像はキッチンDIVEさん(@divemamuru)の許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード