HOMEライフスタイル 【取材】なんて美しい…芸術品のような「和柄のアイシングクッキー」に4万超いいね!

【取材】なんて美しい…芸術品のような「和柄のアイシングクッキー」に4万超いいね!

羽田 早菜

2018/02/04(最終更新日:2020/01/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@sweetveilmaiko

美しすぎる「和柄のアイシングクッキー」に注目が集まっています。

和柄のアイシングクッキーにうっとり!

この写真を投稿しているのは、アイシングクッキー講師の木村麻衣子さん(@sweetveilmaiko)。これは木村さんが作った「和柄のアイシングクッキー」だそうです。蝶や六角形の形をしたクッキーに、さまざまな和柄が描かれています。
Twitter/@sweetveilmaiko

Twitter/@sweetveilmaiko

和柄の種類は矢絣(やがすり)や麻の葉、菱形文様に菊の花などを繊細に表現!また、アイシングクッキーの優しい色合いがより一層、可愛さと美しさを引き立たせています。芸術品のような仕上がりに見とれてしまいますね!ツイートには「ほんとに美しいです!」「めちゃくちゃきれいです」といったコメントも。木村さんの「和柄のアイシングクッキー」が美しすぎると話題となり、「いいね」も4万9000件を突破していました。

そのおいしさに衝撃を受けて…

木村さんは、2015年頃に友だちからもらった「アイシングクッキー」のおいしさに衝撃を受け、作り方をマスターするため、スクールに通い始めたんだとか。そして、2016年の11月に「JSAアイシングクッキー認定講師」の資格を取得し、自宅にアイシングクッキー教室sweet veil (スウィートベール) を開設。初心者の方やお子様連れでも参加できるアットホームな教室だそうです。

和柄でアイシングを表現したい!

なぜ、アイシングクッキーに和柄を描いてみたのでしょうか。木村さんにお話をうかがってみました。―― アイシングクッキーを作り始めたきっかけは。
ママ友からバレンタインに「クマの可愛いアイシングクッキー」をいただいて食べたところ、そのおいしさに感動しました。おいしくて可愛いなら「私も作りたい!」と強く思い、習い始めました。レッスンで可愛いクッキーが仕上がると毎回うれしくて興奮しました。だんだんと「その気持ちを与える側に立ちたい」と思いました。また他の人がデザインしたものを作るのではなく、自分がデザインした“私らしいクッキー”を作りたいと思い、教室を始めました。
Instagram/@sweetveil_maiko

Instagram/@sweetveil_maiko

―― アイシングクッキーに和柄のデザインを取り入れた理由を教えてください。
常にアイシングのヒントになるものを日常生活で探しています。日本人として、いつも和柄をアイシングで表現したいと思っていました。今年、最初のアイシングをした際に「和柄がふさわしいんじゃないか」と思い、和柄のアイシングクッキーを作ってみました。
Instagram/@sweetveil_maiko

Instagram/@sweetveil_maiko

―― クッキーに和柄をキレイにパイピングする際のポイントやコツは。
一番大切なのは、丁寧に作業をすることです。細かいパイピングの作業は根気がいります。途中で諦めずに時間を掛け、休憩をしながらでもいいので気持ちを込めてパイピングをすることです。(※パイピングとはクッキーに点と線で模様を描く手法のこと)
Instagram/@sweetveil_maiko

Instagram/@sweetveil_maiko

―― これまで作ったアイシングクッキーの中で、思い入れの強い作品はどれですか?
「母の日」に送ったアイシングクッキーです。母と私はお花が大好きなので刺しゅう風に花をアイシングしようと決めました。さらに刺しゅうも習いに行ってイニシャル刺しゅうのハンカチを作り、それとお揃いのクッキーもアイシングしてセットで母に送りました。送る相手のことを考えながら、手作りしている時間がとても幸せだと感じました。また刺しゅうもクッキーも手作りということで、母がとても喜んでくれました。
Instagram/@sweetveil_maiko

Instagram/@sweetveil_maiko

―― アイシングクッキーを作る上で、こだわりや大切にしていることはありますか?
プレゼントをするクッキーは食欲がなくなるような色にはしないようにしています。そして、心を込めて作っています。まだアイシングクッキーを食べたことがない方もたくさんいらっしゃるので、クッキーだという事が分かるように、クッキーの部分を残してアイシングしたり、優しい色合いにしています。自分の作品を作る時は、自分が素敵だと感じる色を選ぶようにしています。また品のあるデザインを心掛けています。そしてやはり、なによりも心を込めて丁寧に作ることです。
Instagram/@sweetveil_maiko

Instagram/@sweetveil_maiko

―― ありがとうございました。ずっと部屋に飾っていたくなるような、可愛くて美しい作品ばかりでしたね!なお、木村さんはInstagram(@sweetveil_maiko)にも作品の写真を公開中です。木村さんのアイシングクッキーが気になる方は、ぜひInstagramもチェックしてみては。※この記事の画像は(@sweetveilmaiko)、(@sweetveil_maiko)さんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード