HOMEライフスタイル 愛称は「姐さん」!カフェの入口で“業務妨害”するメス猫が話題に

愛称は「姐さん」!カフェの入口で“業務妨害”するメス猫が話題に

羽田 早菜

2018/01/25(最終更新日:2020/01/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@Miki168uw

店の入口で待つ猫のために、ドアに「威力業務妨害」の張り紙をするカフェに注目が集まっています。

カフェのドアにある張り紙が…

三木さん(@Miki168uw)は1月21日、東京都豊島区東池袋のカフェ「スモーカーズ カフェ さばとら」の入口の前に居座る猫の姿をTwitterに投稿しました。
Twitter/@Miki168uw

Twitter/@Miki168uw

どうやら、この猫は三木さんにドアを開けてほしいようです。しかし、カフェのドアには張り紙がされています。
“このドアの前に「威力業務妨害」している地域猫がいる場合 そ~っとドアを開ければどいてくれます”
Twitter/@Miki168uw

Twitter/@Miki168uw

「威力業務妨害」という表現を使っているものの、“どんなに邪魔でも猫は無罪です”という一文も。カフェに来店したお客さんが猫に困らないように張り紙をしているようです。ツイートには「優しい世界」「ネコは無罪です」「かわいい」などの声が寄せられ、「いいね」も8万3000件を突破していました。

2年ほど前から張り紙を掲示

なぜ、カフェのドアに張り紙をしたのでしょうか。店長さんにお話を伺ってみました。―― 「威力業務妨害の猫」について、詳しくお教えてください。
画像の猫さまは、当店では「姐さん」または「フッサーラさん」と呼ばれている、避妊手術済の女の子です。画像では分かりにくいのですが、耳に手術済みの印であるカットが控えめに入っています。よく覚えていませんが、3~4年前から当店の周辺に出没しています。ドアの前でごはんを待っていたり、テラス席のテーブルの上でくつろいでいたりします。ご来店の時間は日によって違いますので、姐さんの気分次第ということになります。
Twitter/@kigen_takaoki

Twitter/@kigen_takaoki

―― 「威力業務妨害」の貼り紙を貼った理由は。
2年ぐらい前から、張り紙を掲示していたと思います。しゃれで「威力業務妨害」としていますが、猫さまたちのご来店を迷惑だとはカケラも思っておりません(笑)。残念ながら当店はあまり流行っている店ではないので、お客さまがいない時間はスマホを見ていたり、本を読んでいたりしています。そのため、猫さまがお客さまの入店の邪魔をしていることに気がつかない場合があるかもしれないということで、画像のようなポップ(張り紙)を掲示しています。
Twitter/@kigen_takaoki

Twitter/@kigen_takaoki

―― Twitterの反響について
昨日の今日なので、まだ当店の来客数がどう動くのか想像がつきませんが、当店の存在を知っていただける良い機会だと感謝しております。当店の周辺には数匹の地域猫さまがいらっしゃるので「猫さまに会えるかもしれない」ぐらいの気持ちでご来店いただければ幸いです。地域の人々が愛情を持って接している猫さまたちを、同じように大切に見守っていただければと思います。
―― ありがとうございました。店長さんの猫に対する優しさと愛情が伝わってきましたね!「スモーカーズ カフェ さばとら」は全席喫煙可能、コンセントやWi-Fiなども完備しているそうです。“姐さん”と触れ合ってみたい方は、ぜひ足を運んでみては。※この記事の画像は三木(@Miki168uw)さん、さばとら店長(@kigen_takaoki)さんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード