HOMEライフスタイル 荷物を梱包する前に見て…ある配達員の「ダンボールとガムテープのお話」が話題に!

荷物を梱包する前に見て…ある配達員の「ダンボールとガムテープのお話」が話題に!

羽田 早菜

2017/12/17(最終更新日:2020/01/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@Yohsuke_ND

配達員の荷物を梱包する際の「お話」に注目が集まっています。

梱包に適しているテープとは?

配達員という陽亮(@Yohsuke_ND)さんは、お客様の大切な荷物を守るための「お話」をまとめて、画像や解説付きでTwitterに公開しました。荷物を梱包する際、ダンボールとテープを使いますが、そのテープがよくはがれてしまうことがあるそうです。
Twitter/@Yohsuke_ND

Twitter/@Yohsuke_ND

そこで陽亮さんはテープの種類と特徴について解説してみることにしました。【テープの特徴】まず「養生テープ」は、はがす事を目的としたテープで粘着力や強度も他のテープに比べて弱いんだとか。そもそも梱包用のテープではないそうです。
Twitter/@Yohsuke_ND

Twitter/@Yohsuke_ND

次に「クラフトテープ」は粘着力や強度も弱く、重ね貼りができません。「クラフトテープ」に伝票やステッカーを貼ると簡単にはがれてしまいます。そのため、はがれた「クラフトテープ」が他の荷物にくっついてしまうことも。また重い荷物を支える力もありません。なお、一番梱包に適しているのは「布製のガムテープ」。粘着力も強度もあって、はがれにくいそうです。

梱包時のテープの貼り方

陽亮さんによると、ダンボールを「布製のガムテープ」で梱包する場合は、下記画像のようにクロスをして貼るのがオススメなんだとか。
Twitter/@Yohsuke_ND

Twitter/@Yohsuke_ND

青色で示すようにクロスして貼ったテープの上から、ピンク色のようにテープを重ね貼りる時は「布製のガムテープ」を使用してほしいとのこと。理由としてピンク色の部分は、配達員が荷物をつかむところで、そこに「クラフトテープ」を貼ると荷物を持ち上げた際に滑ってしまうそうです。
Twitter/@Yohsuke_ND

Twitter/@Yohsuke_ND

さらに青色のクロスした部分に「クラフトテープ」で重ね貼りをしても、くっつかずにはがれてしまいます。「クラフトテープ」の粘着力が少し弱いと感じてはいましたが、ここまではがれやすいとは…。テープの種類や貼り方に気をつけて梱包したいですね。Twitterでは「いやー。ためになる。」「やはり布テープは間違ってなかったか!」といった声が寄せられ、6万件以上リツイートされていました。

荷物を送る方や受け取る方にも…

「ダンボールとガムテープのお話」をツイートした理由について、陽亮さんはこう語っています。
数えきれないほど、毎日多くの荷物が短時間で長距離を移動することへの注意喚起も含めた配慮でツイートいたしました。上記画像を参考にしていただくと「クラフトテープ」でピンクの部分にテープを貼ってしまうと青の部分と重なって、ダンボールにテープがくっついていなかったりします。粘着力の弱さから、テープがはがれてしまうので二次被害として他のお客様の荷物に付着してしまいます。一配達員として、荷物を送る方や受け取る方にも伝わってほしい情報だと思っています。
梱包時のテープの選び方や貼り方について、とてもためになる情報でしたね!荷物を梱包する際は、ぜひ陽亮さん(@Yohsuke_ND)のツイートを参考にしてみては。※この記事のツイートと画像は陽亮さんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード