HOMEライフスタイル 私のことは忘れても…認知症の祖母にマニキュアを施した孫の思い

私のことは忘れても…認知症の祖母にマニキュアを施した孫の思い

羽田 早菜

2017/09/22(最終更新日:2017/09/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@kataba333

認知症のおばあちゃんの爪にマニキュアを施したお孫さんの投稿が、注目を集めています。

自分でもできるおばあちゃん孝行

20代女性の「@kataba333」さんは9月17日、Twitterに80代祖母の手を写した写真を投稿しました。
Twitter/@kataba333

Twitter/@kataba333

おばあさまは認知症を患っており、孫である投稿者さんのことも忘れてしまっているといいます。ある日、投稿者さんが爪にマニキュアを塗ると、おばあさまはキレイな指先が見られるととても喜びました。女性はいくつになっても、女心を忘れないようです。「おばあちゃん専属ネイリストとしてよろしくね」とつづる投稿者さん。祖母への優しさがひしひしと伝わってきます。ツイートへの「いいね」は8万1000件を超えました。
とある本で、ボランティアでお年寄りにマニキュアを塗るという話を読んだことがきっかけです。自分でもできる「おばあちゃん孝行」かなと思いました。(投稿者さん)

ばあちゃんにしてあげようかな…

優しいマニキュアについて、ネット上には共感の声が上がっています。なんだか自分のおばあちゃん、おじいちゃんに会いたくなってきます。女性の方はすぐにできるおばあちゃん孝行のひとつとして、参考にしてみては。※この記事のツイートと画像は投稿者(@kataba333)さんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード