HOMEライフスタイル ラクしてるワケじゃない…「寝づわり」の経験を描いたマンガが大反響

ラクしてるワケじゃない…「寝づわり」の経験を描いたマンガが大反響

羽田 早菜

2017/06/30(最終更新日:2017/06/30)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@pota141113

妊娠中の「つわり」の症状について描いた漫画に注目が集まっています。

とにかく眠い「寝づわり」

しぃたま@椎野タマヱ(@pota141113)さんは、自身が経験した「寝づわり」を漫画にしてTwitterに公開しました。妊娠が判明し、いつ「つわり」がくるのかと思っていたしぃたまさん。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

「つわり」というと、ごはんや食べ物のにおいで吐き気を感じたり、吐いてしまう印象があります。しかし、しぃたまさんの「つわり」はイメージと違っていたそうです。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

その症状は、とにかく眠くて、朝から晩まで寝てしまうとのこと。普段の眠気とは異なり、全く起き上がれなかったそうです。

「つわり」っていつから?

友だちや旦那さんにも、「多分 これからかなぁ」や「つわりって大変だよね」と話していたんだとか。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

それでも、一向に「つわり」の症状が現れないため、不安になったしぃたまさん。とりあえず、ネットで「つわり いつから」と検索してみたそうです。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

すると妊娠5~6週目から始まり、12~16周目くらいまで症状が続くことが判明。その時、妊娠20週目だったしぃたまさんは疑問を感じました。

「つわり」の自覚がない

そう思いながらも、結婚式場に写真のセレクトに行くなど外出もできたそうです。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

また、その帰り道に超こってりな「にんにくラーメン」を食べたとのこと。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

旦那さんが「あのさぁ気付いてたけど 君ってつわり」と伝えると「ないね」と答えたしぃたまさん。日によって眠気にもバラつきがあるようです。

これって「寝づわり」だったの!?

そのため、自分には「つわり」がないと思っていたんだとか。また、スマホで「つわり」の体験談を見ると「他の人の大変な話しに共感してあげられないんだ…」と感じていました。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

しかし、最近、しぃたまさんのひどい眠気こそが「寝づわり」や「眠りづわり」という、「つわり」の一種だったことが分かったそうです。眠気が原因で働けなかったり、家事や出産の準備など、やりたい事があっても寝てしまうとのこと。
Twitter/@pota141113

Twitter/@pota141113

しぃたまさんは、ラクに見える「寝づわり」も「眠る事でしか補えない、重大で大変なつわりの一種」だと語っています。なかなか理解されにくい「つわり」かもしれませんが、妊婦さんが眠い時はゆっくりと休ませてあげてほしいです。ツイートには「旦那にいつまでも寝るな甘えるなと言われてショックでした」、「つわりってホント理解しにくい症状出るんですよね!」といったコメントが多数よせられていました。

あれが「つわり」の症状だった!

なお、「寝づわり」の漫画を描いた理由について、しぃたまさんにお話を伺ってみたところ…。
漫画にしようと思った時点ではあまり特別な理由はありませんでした。普段からイラストや落書きをTwitterに載せていて、ネットを見ていたら何となく「妊娠・出産・つわり」とかの話題が目に入ってきました。それで自分の「つわり」ってこんな感じだった事を思い出したので描いただけです。内容に関しては「眠りづわり」とか「寝づわり」という言葉は自分自身も出産後に知りました。「つわり」がないと思っていましたが、「一応、私の体としてはあれがつわりの一種だったんだ!納得!」したというメモのようなものです。また「そんなつわりは知らなかった」とか「周りが理解してくれなくて怠け者扱いされた」、「家事などが全くできなくて自分を責めていた」、「仕事を退職せざるを得なかった」などの反応と共に思いがけず拡散されたので驚いています。
IllustAC/acworks

IllustAC/acworks

―― さまざまな症状があることを知ってほしい―― 
また食べ物のにおいだけで吐いてしまう「吐きづわり」「においづわり」の話を聞けば、誰もが「それはしんどそうだ」と理解を示してくれます。ただ眠いだけの「寝づわり」は妊娠の症状としては比較的、楽でラッキーだと私自身でさえ思っていました。ですが、そもそも「しんどい」の度合いを人と比べる事はナンセンスです。経験している本人が「つらい」「しんどい」と思った時点で、それは大変な困難であることに間違いないはずです。妊娠期を振り返るとき、私はいつも「眠くて寝てばっかりだったなぁ」と情けないような気持になる事が多かったのですが、「いやいや寝てるだけというのも、それなりに大変だったじゃないか」と思うことで、その都度情けないと思わずに済むようにしたかったのです。大げさに言うとそのために描いたような漫画でした。また「つわり」には、よだれが大量に出て飲み込めなくなる「よだれづわり」もあまり知られていませんが、地味に大変な「つわり」の一種です。他にも妊娠にはさまざまなマイナートラブルが勢ぞろいです。お腹が重いという一点だけを取っても、やはり「ラクな妊婦」は一人もいないと思いますので、妊婦さんには優しく接したいです。
理解されにくい「つわり」に悩む妊娠さんは多い模様。「つわり」の症状に限らず、日頃から妊娠さんを気遣ってあげたいですね。※この記事のツイートと画像はしぃたま@椎野タマヱ(@pota141113)さんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード