HOMEライフスタイル 北海道は「春になるといろんなものが出てくる…」農道に標本見たいな「骨」落ちてたんですけどぉ~!

北海道は「春になるといろんなものが出てくる…」農道に標本見たいな「骨」落ちてたんですけどぉ~!

羽田 早菜

2017/04/23(最終更新日:2017/04/21)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@horo_nukanyan

農道に標本のような「骨」が落ちていると、Twitterで話題になっています。

骨格標本かと思った…

この画像を投稿しているのは、幌延まちおこし隊(ヤマシタ)糠南ガンバ(@horo_nukanyan)さん。ある日、ほとんど使われていない農道を通ったところ…。
Twitter/@horo_nukanyan

Twitter/@horo_nukanyan

恐竜のような、大きな「骨」が道路に落ちていたんだとか。あまりにもキレイな形で残っていたため、最初は「骨格標本」だと思ったそうです。北海道では春になるといろいろなものが出てくるそうで、なかには「動物の骨」も…。
Twitter/@horo_nukanyan

Twitter/@horo_nukanyan

しかし、ここまで大きな「骨」が道路に残っていることは珍しいそうです。ツイートには「これ、何の骨ですか?」「一瞬恐竜かと思いました〜」「北海道って…スゴイ…」といったコメントも。山下さんのツイートが反響を呼び、1万件以上リツイートされていました。

おそらく「エゾシカの骨」

なお、Twitterの反響が多かったことから、翌日、あらためて「骨」の調査をした山下さん。農道にいた理由は不明ですが、おそらく「エゾシカの骨」ではないかとのこと。さらに「放置するのも切ないので、道路のわきに寄せてきました」と話していました。

冬は誰も通らなくなる農道

さっそく、この時の状況について、山下さんにお話を伺ってみました。―― どのような経緯で、あの「骨」を見つけましたか?
幌延町ではなく、隣町の豊富町でウォーキングルートを探しておりまして…。そこで、農道を通ったら「骨」を見つけてしまった感じです。冬は通行止めといいますか、大きなゲートなどもなく、普通に誰も通らなくなる農道です。もしかすると今シーズン一番乗りだったのかもしれませんね。
Twitter/@horo_nukanyan

Twitter/@horo_nukanyan

―― 北海道では春になると骨以外にも、なにか出てきたりしますか?
これは個人的な話なのですが、家の前で暴風雪で車が埋まって、その脱出のためにスノーヘルパーというものを使いました。しかし、車輪の回転でどこかに飛んでいってしまって、それが雪どけの時期に出てきたりとか…。あとは以前、冷蔵庫がいっぱいで、凍らないように雪の中に入れて、ビールを外で冷やしていたんです。でも、そのまま忘れてしまい、未開封の缶ビールが出てきたこともありました…。雪はすべてを覆ってくれますが、銀世界がとけると、いろいろなものが出てきますね。
画像提供/@horo_nukanyan(スノーヘルパー)

画像提供/@horo_nukanyan(スノーヘルパー)

―― ちなみにあの「エゾシカの骨」は、どうなってしまうのですか?
骨の結末ですが、自然界の成すままでしょうか…。たまたま道路にあって目立っていましたが、自然界では日常的なことでしょうし。Twitterでは「欲しい」という声もありました。あのようなきれいなものであれば、しっかりと管理もできるのかもしれません…。ただ、そういう術も分かりませんので、そのままになりそうです。農道を利用する住民が町に連絡すれば、町で対応するとは思いますが…。ほとんど誰も通らない農道なので、自然にまかせる感じになると思います。
Twitter/@horo_nukanyan

Twitter/@horo_nukanyan

―― ありがとうございました。農道とはいえ、こんな風に「動物の骨」が落ちているとは…。北海道の大自然を強く感じるツイートでしたね!※この記事のツイートと画像は幌延まちおこし隊(ヤマシタ)糠南ガンバ(@horo_nukanyan)さんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード