HOMEライフスタイル 「食べろ」というハラスメント!「男性に良いことしてるつもりで不健康にするなという漫画」が話題に

「食べろ」というハラスメント!「男性に良いことしてるつもりで不健康にするなという漫画」が話題に

羽田 早菜

2017/02/03(最終更新日:2020/01/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@kobayashigiriko

「食事のハラスメント」を描いた漫画に注目が集まっています。

「食事のハラスメント漫画」

小林ギリ子(@kobayashigiriko)さんは、「食事のハラスメント」を漫画にしてTwitterに公開しました。もともと、小食であるという小林さんは、普段の食事も一汁一菜で足りるそうです。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

そのため、会社の飲み会などで、男性の食事量を見て驚いていたんだとか。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

そんな彼らを見て、うらやましいと感じたこともありました。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

ある日、大学のプチ同窓会に参加することになった小林さん。1年半ぶりにあったクラスメイトの女子は、あまり変わった様子はなかったそうです。

同窓会であった男子がふっくらに…

しかし、一部の男子を見ると、明らかに体形がふっくらしています。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

すると、1人の男子が「俺が太ったのは…絶対に会社のせいなんだよ!」と語ったそうです。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

そこで、小林さんが「え?ストレスで暴飲暴食しちゃうってこと…?」と聞いてみたところ…。「違うよ…俺は家では質素な食事をしてる!でも上司と一緒に食事することが多くて…」と事情を話してくれたそうです。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

なんでも、上司から「一人暮らしでひもじいだろ」「おまえのために注文したから」と言われてしまうんだとか。一応、「こんなに食べれない」と伝えても、一週間のうちに何回も無理やり食べさせられるそうです。上司から言われたら、食べたくなくても、断れないときってありますよね…。

誰でも「沢山食べられる」わけではない

小林さんは、男子の話を聞いて「沢山食べられるから」食べていたわけではないことを知りました。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

男性は上司から「食べろ」という、無意識の「食事のハラスメント」を受けていたのです。上の世代の人たちは、「好きなものを注文する」「若者に食べさせてやった」「食事を残さなかった」などの満足感があるのかもしれません。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

しかし、若い人に健康被害が出るまで食べさせることは「ハラスメント」であると断言。満腹感がある中で食べ続けても、ただ苦しいだけだと思います。男性だからといって、沢山食べられない人もいるのです。

意外とあるある

ツイートには「男性だって小食の人もいますよね」「うちの会社でもありますこれ…」「食ハラほど辛いものは無いですよ…」といったコメントも。
Twitter/@kobayashigiriko

Twitter/@kobayashigiriko

「もう食べれません」の先を強要しないでほしいと語る小林さんなのでした…。小林さんの漫画が気になる方は、Twitterアカウントまたはブログをチェックしてみてください。※この記事のツイートと画像は小林ギリ子(@kobayashigiriko)さんの許可を得て掲載しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード