HOMEライフスタイル 1年以上も温めていたアイデア!プールをモチーフにしたアクセサリーケースが素敵

1年以上も温めていたアイデア!プールをモチーフにしたアクセサリーケースが素敵

羽田 早菜

2016/05/28(最終更新日:2020/01/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@merry_stroll

プールをモチーフにして作られたガラスのアクセサリーケースに注目が集まっています。

水面ゆらめく「プールケース」

この画像を投稿しているのは、ガラス作家の棚子(@merry_stroll)さん。これは、棚子さんがプールをモチーフにして作ったガラス製のアクセサリーケースです。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

棚子さんは、バーナーワークやステンドグラスの手法を用いて、ガラスのアクセサリーや雑貨を制作しています。現在『merry stroll(メリーストロール)』というブランド名で、ネット通販やイベントでオリジナル作品を販売しているんだとか。「プールケース」はアクセサリーのほかに、印鑑や鍵などの小物も収納できるそうです。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

涼しげで爽やかなデザインに、魅了されてしまいますね。ツイートには「プールケース素敵です…!」、「これ、かわいいですね!」、「置いておくだけで涼しげですね!!」といったコメントも。「プールケース」がステキすぎると話題となり、「いいね」の数も11,000件を突破していました。

ガラスは身近なものだった

「プールケース」は、一体、どのようにして生み出されたのでしょうか?ガラス作家の棚子さんへお話を伺ってみました。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

―― 「ガラス」を使ったアクセサリーや小物を作り始めたきっかけを教えてください。ガラス工芸を学ぶ学校を出て、今は独立を目指して頑張っているところです。昨年、『merry stroll』として活動を始めました。少ない設備でも作れる小さなものから制作しはじめ、せっかくなら、持ち歩けるものでガラスを楽しんでいただきたいなとアクセサリーを意識して作るようになりました。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

―― 「プール」をアクセサリーケースにするという発想は、どのようにして思いついたのでしょうか?ガラスが身近なものだったので、透明なガラスや水面を見るたびに「水みたいだな」、「ガラスみたいだな」と感じていました。なので、ガラスを水面に見立てることは自然に出てきたように思います。水泳が好きで昔は水泳部にも入っていたので、最初は競泳用プールにしようと決めていました。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

1年以上も温めていたアイデアだったので、やっと形にできて嬉しいです。ケースにしたのは、水面風のフタを通して中を見るとき、小物を入れた方が楽しそうだと思ったからです。ただのプールの置物にするよりも、使う楽しみが増えて身近に感じてもらえるかなと思いました。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

―― 「プールケース」の制作工程で、慎重に作業をした部分について教えてください。一番はデザインです。最小限の飾りで、誰が見てもプールだとわかるデザインにしたかったので、説明的になりすぎずにリアルさを出す形を模索しました。縦横の比率や、コースの本数、コースラインの太さ、水面を通して見たときにほどよく揺らいで見える深さなどを調整し、この形に落ち着きました。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

飛び込み台を付けるかどうかは最後まで迷いましたが、プールらしさが増したので付けて良かったです。もうひとつは、フタと本体を接着する作業です。可動部は力がかかりやすいので、なるべく丈夫になるように心掛けて作業しました。―― 今まで制作した「ガラス」のアクセサリーや小物で、一番、難しかった作品を教えてください。下記の画像で、オーダーをいただいて作った作品です。依頼者様の思いを形にする作業は、自分の作りたいものを作るときとは違います。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

本当にこれで喜んでいただけるのだろうかと、不安になる場面も多いですが、自分にできることと期待されていることの間で答えの形を探していきます。そうやって形を決めるまでの作業が難しいところでもあるのですが、オーダー制作の楽しさでもあると感じています。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

―― 「ガラス」のアクセサリーや小物を制作する上で、こだわりや大切にしていることはありますか?楽しい気持ちで作ったものは、楽しい気分を呼んでくれると信じているので、 楽しんで作ることを大切にしています。また、簡単な部分でも丁寧に仕上げることを心掛けています。最近、「自分の作品の一番のファンでいたい」と思って作ると自然と作業が丁寧になることに気付き、愛情は大切だなと実感しました。
Twitter/@merry_stroll

Twitter/@merry_stroll

―― ありがとうございました。1年以上も、じっくりと考えて作られた作品だったんですね!棚子さんの作品が気になる方は、ぜひTwitterアカウントをフォローしてみてはいかがでしょうか?

hatenaはてブ