HOME特集 運動不足の人必読!筋肉痛を素早く直す6つの方法

運動不足の人必読!筋肉痛を素早く直す6つの方法

松島かれん

2015/08/02(最終更新日:2015/07/31)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

この夏、アウトドアアクティビティやスポーツに挑戦する人もいるだろう。

普段から運動している人はさておき、日頃スポーツとは無縁の生活をしている人が急に運動すると、当然のことながら筋肉痛になる。

身体中がこわばって歩くのすら痛みを伴ったり、腕を上げられなかったり。そんな筋肉痛を素早く回復させる方法がこちら。

1. 冷水につかる

体を動かした後、すぐに冷水につかるといい。これは、運動による筋肉の炎症を抑える作用がある。水風呂に氷を足したくらいの冷たい水に、12〜15分ほどつかるのが理想とか。

もし、水風呂に入る勇気がない、という人は、冷たいシャワーを浴びるか、筋肉痛になりそうな箇所に氷のうをあてるといい。間違っても、氷を直接肌にあてないこと。

2. タンパク質を摂る

運動後すぐにタンパク質を摂ることで、筋肉の損傷修復が促進される。肉や魚、乳製品を積極的に食べ、ベジタリアンなら豆類を摂るといいだろう。

すぐに食事ができないようなら、プロテインサプリメントも効果あり。

3. マッサージをする

よく使った筋肉をマッサージでほぐすと筋肉の疲労を軽減でき、翌日の筋肉痛も減らせる。

4. 足を高くして寝る

寝るときに、枕などを足首部分にあてて高くすれば、寝ている間の血流がよくなる。血流がよくなると、筋肉痛の元となる炎症を抑制することができる。

5. アルコールを控える

運動で汗を流した後のアルコールはおいしいが、量はほどほどにしたい。というのも、アルコール分解にはタンパク質が使われるから。

筋肉の回復に振り向けるタンパク質が少なくなると、それだけ筋肉痛になりやすくなる。

6. 体を温める

先に「冷水につかる」と紹介したが、運動翌日は逆に体を温めるといい。

お風呂に入るなど血行をよくすることで、疲労物質「乳酸」を体内から排除できる。


hatenaはてブ