HOME特集 オートミールで乾燥肌対策!バスタブに入れて潤い効果が期待できる身近にあるもの6つ

オートミールで乾燥肌対策!バスタブに入れて潤い効果が期待できる身近にあるもの6つ

松島かれん

2015/02/22(最終更新日:2015/02/20)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

まだ寒さが続くこの季節、早く家に帰ってお風呂で温まるのが一番!と思っている人は多いだろう。

お湯にゆっくり浸ってリラックスするのは至極の時間。しかし、どうせなら美容や健康効果も高めたいもの。そこで、有意義なバスタイムを演出してくれ、なおかつ簡単に手に入るものを探してみた。

1. 緑茶のティーパック

緑茶に殺菌作用があることは有名。また、緑茶に含まれるミネラルが肌のバランスも整えてくれる。 あわせて、さわやかな香りも楽しめるのでリラックス&リフレッシュ効果も。

2 ベーキングソーダ(重曹)

温泉の成分でもあるだけに、バスタブに入れるとお湯が弱アルカリ性になり、肌のかさつきやかゆみを抑えてくれる。

さらに重曹風呂に塩を加えると、発汗作用が高まってデトックス効果も期待できる。

3. オートミール

えっ、食べるんじゃないの?と疑う人もいるかと思うが、肌のかぶれや湿疹、乾燥、かゆみなどに有効なのだとか。原料のオーツ麦をよく食べる欧米などでは、オートミール風呂は広く知られた活用法という。

使うオートミールはプレーンタイプを選び、フードプロセッサーなどで粉末にしてから湯船にカップ1杯程度入れるといいようだ。排水時のつまりが心配なら、ガーゼ袋などに入れるといい。

4. レモン

市販されている入浴剤に柑橘系の香りのものが多いのは、リフレッシュ効果が高いから。レモンを5、6滴お湯に垂らすだけでさわやかな香りが広がる。また、レモンの成分には肌の炎症を抑える働きもある。

5. オリーブオイル

オリーブオイルは肌への浸透性が高く、古い角質や皮質を落とし、コラーゲンの補充もしてくれる。オイルなので肌にうるおいももたらすのはいうまでもない。

6. 牛乳

絶世の美女といわれるクレオパトラがミルク・バスを愛用していたことは有名な話だが、実際、牛乳には肌をやわらくスムーズにしてくれる作用があるのだとか。乳酸が、古い角質を落とす作用を持つヒドロキシ酸のように働く。

市販の入浴剤やアロマオイルもいいが、上記のものが余っていたら活用してみてはいかが。


hatenaはてブ