HOME特集 【食べてみた】信玄餅アイスバーが新発売!もち、黒蜜、きなこアイスの最強タッグを実現

【食べてみた】信玄餅アイスバーが新発売!もち、黒蜜、きなこアイスの最強タッグを実現

水上アユミ

2017/12/05(最終更新日:2020/01/31)


このエントリーをはてなブックマークに追加

桔梗信玄餅アイスバーを実食!

山梨みやげの定番「信玄餅」のアイスバーが、本日12月5日から期間限定で発売!販売元は、あの「ガリガリ君」でお馴染みの赤城乳業株式会社(埼玉県深谷市)です。以前紹介したカップの「信玄餅アイス」も人気でしたが、アイスバーとなった新商品のお味はいかがなのでしょうか。◆『信玄餅アイス』が美味しすぎると話題に!コンビニや成城石井でも買えるぞ

お餅入りの最強冬アイス

「桔梗信玄餅アイスバー」は1箱6本入り、500円(税抜)です。箱の柄は本家・信玄餅そのものです。

桔梗信玄餅アイスバーを開封

アイスはきなこのベージュ色。

桔梗信玄餅アイスバーはこんな感じ

外側は、きなこアイスキャンディーでコーティングされてサクッとした食感。中には濃厚なきなこアイス、黒蜜ソース、もち菓子が入っています。驚くのは、もち菓子の柔らかさ。本当に伸びるほど柔らかくて舌触りがなめらか。もちろん、きなこアイスと黒蜜ソースとの相性は良く、黒蜜の香ばしさがちょっぴり大人の味わいにしてくれます。味は「信玄餅そのもの!」とまではいきませんが、最近流行っているきなこアイスの中では、圧倒的にクオリティが高い。これがコンビニやスーパーで買えちゃうのですから素晴らしいですね。

家族で「桔梗信玄餅アイスバー」を楽しんでほしい

「桔梗信玄餅アイスバー」について、赤城乳業株式会社に話を伺いました。――カップの「信玄餅アイス」だけでなく、バータイプを発売したのはなぜ?
赤城乳業は「ガリガリ君」のようなアイスバーを得意としており、ワンハンドで食べられる手軽さを実現するためにバータイプにしました。「桔梗信玄餅アイスバー」は1箱6本入りでの販売です。家族みんなで楽しんでいただけると嬉しいです。
――2017年2月に桔梗屋が監修した「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」を販売していますね。同商品との違いは?
「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」は、ガリガリ君の特徴でもあるかき氷を使ったさっぱりしたアイスです。桔梗屋さんには“監修”という形で携わっていただきました。「桔梗信玄餅アイスバー」は、桔梗屋さんと一緒に作り上げたアイスです。なめらかな舌触りや芳醇なきなこの香りなど「信玄餅」の味わいをより再現できていると思います。
「桔梗信玄餅アイスバー」は12月5日から、全国のコンビニやスーパーで販売。山梨のご当地グルメを使った「桔梗信玄餅アイスバー」、今期冬アイスの定番になりそうです!

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード