HOME特集 “釣りの臭い問題”を解決する石けん「フィッシュソープ」の開発秘話

“釣りの臭い問題”を解決する石けん「フィッシュソープ」の開発秘話

水上アユミ

2017/09/13(最終更新日:2020/01/31)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ウミーべ株式会社

すべての「魚に触れる人」のために作られたハンドソープ「フィッシュソープ」がネット上で注目を集めています。釣りや料理の時に手につく魚臭を、さっぱりと洗い流してくれるというこの商品。日本最大級の釣り情報サイト「ツリホウ(釣報)」を運営するウミーべ株式会社が、開発・販売を行っています。同社の代表取締役ワタベさんに「フィッシュソープ」について詳しく聞きました。
フィッシュソープ/ウミーべ株式会社

ウミーべ株式会社

−−「フィッシュソープ」のアイデアが生まれたきっかけを教えてください。
弊社は「釣りを、やさしく。」をコーポレートビジョンとして掲げており、今までは情報サイトやコミュニティサービスを運営し、初心者が分からないことをなくしていくことでそれを実現しようとしていました。しかし、実際に初心者や女性の方から聞く釣りのマイナスイメージはフィジカルな体験に関するものが多く、特に「臭い」は誰もが挙げるものでした。それを解決する手段はないかと思い、魚の臭いに強いハンドソープの開発を思いつきました。
ウミーべ株式会社

ウミーべ株式会社

−−製作期間は?
企画から発売までは4カ月ほどの期間がかかりました。
−−商品化にあたり目指したことはなんでしょうか。
まずは釣具店の店頭で印象的であり、かつ幅広い性別・世代の方に受け入れられるデザインを目指しました。そして自分たちで実際に釣りや料理をする中で、何度もテストを繰り返し自信が持てる製品が出来上がりました。発売前に弊社スタッフを始め、外部の釣り人の方、漁師の方などに試してもらった際に絶賛いただけたことが印象的でした。
使用者からは、一般的な石けんに比べて圧倒的に「臭い」が軽減されるという声が多かったとのこと。釣り歴数十年というベテランは、特に驚いていたそうです。
フィッシュソープ/ウミーべ株式会社

ウミーべ株式会社

釣りや料理の時だけでなく、水産業者の方など魚に触れる機会があるすべての方に使って欲しいとワタベさんは話してくれました。魚の臭いに特化したハンドソープは、ありそうでなかった画期的なアイデア。持ち歩きたくなる洗練されたデザインも魅力的です。レジャー施設やキッチン周りなど、様々な場所で「フィッシュソープ」を見かける日がくるかもしれません。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード