HOME特集 「教科書以外の本に出会って、数学が好きになった」数学の楽しさを伝える横山明日希さん

「教科書以外の本に出会って、数学が好きになった」数学の楽しさを伝える横山明日希さん

水上アユミ

2017/08/19(最終更新日:2018/05/16)


このエントリーをはてなブックマークに追加

「数学」というと、どうしても小難しいイメージ。難解な数式を解いて答えを導き出す作業は、想像しただけでも頭に血が登ってしまいそうです。そんな数学に楽しく触れ合うための活動をしているのが、横山明日希(あすき)さんです。

“数学のお兄さん”横山明日希さん

理系企画プロデューサー。日本お笑い数学協会副理事。普段の肩書は“数学のお兄さん”。数学大喜利や数学俳句など別分野と交えたイベントを開催し、数学の楽しさをより魅力的に伝える活動をしています。

教科書以外の本と出会って、数学が好きになった

dummy
水上
もともと数学が好きだったのでしょうか。
dummy
横山
いや、好きでも嫌いでもなかったです。どちらかと言えば得意という程度でした。
dummy
水上
それは意外です。数学を好きになったキッカケはなんでしょうか。
dummy
横山
キッカケは中学時代に図書室で出会った、数学にまつわる様々な本です。 教科書に載っている数学とは違って、一問一答クイズや「ウミガメのスープ」のような推理ゲームに近い感じの本で、単純に楽しかったです。 一番衝撃だったのは「暗号」という分野の本でした。まず暗号という分野にここまで数学が関係していることも知らなかったので……驚きましたね。 「数学ってこんなに身近なんだ」「授業で扱う内容以外にも数学のジャンルって色々あるんだ」と気づかされました。
dummy
水上
数学の新たな側面を、本を通して発見したのですね。
dummy
横山
学校の授業だけではわからなかった、数学の世界の広さに感動しましたし、もっと知りたいと思うようになり惹きこまれました。
 

進路選択の失敗が“数学のお兄さん”を生んだ

dummy
水上
数学に魅了され、大学も数学科に進学されましたね。
dummy
横山
そうなんです。でも、進路選択は失敗でした。暗号理論を学びたかったのですが、進学した大学は扱っている研究室がなくて。 数学科ならあるだろって、浅はかな考えで選んだのが間違いでした。
dummy
水上
それは痛い誤算でしたね。
dummy
横山
あとは、数学を研究したいとか突き詰めたいという気持ちは強くなかったと気づいたのも大きいです。 僕は、数学を使って楽しい時間を過ごしたかっただけだと。 大学1年生の1学期で「これは違うかもしれないな」と気づいてしまいました。結局は負けず嫌いだったので大学院までいっちゃったんですけど(笑)
dummy
水上
入学してすぐギャップを感じてしまい、その先不安になりそうですが。
dummy
横山
でもせっかく入学したし、今できることをしようと思いました。 自分の強みってなんだろうと考えた時に、「若い」「数学が好き」「数学の楽しみを伝えたい」の3つに行き着きました。 この3つを活かせるものとして、教育テレビの歌のお兄さん、体操のお兄さんからヒントを得て“数学のお兄さん”として大学2年生の頃から活動を始めました。
dummy
水上
大学生と“数学のお兄さん”の二足のわらじを履いていたのですね。
dummy
横山
最初はこれが仕事になるとは思っていなかったので、通学の傍らブログで数学のネタを公開したり、ボランティアで高校生や先生方に話をする感じなのかな、と思っていました。 しかし何年か名乗っていると不思議なもので、講演会の依頼がくるようになったんです。これをもっとコンテンツ化したら面白いんじゃないか、そう考えたのが活動してから5年ほど経った頃でした。
dummy
水上
想像以上に長い道のりですね。
dummy
横山
そうですね。ただフリーランスでやっていけるほど仕事があったわけではなく……1年半ほどIT企業に就職して「ネットとはなんぞや」というのを学んだあと、その技術を使って自分の情報をネットで効果的に発信するようになりました。 そこから今まで、“数学のお兄さん”としてフリーランスで活動しています。
 

自分と同じ失敗をしてほしくない

dummy
水上
“数学のお兄さん”として活動を続ける原動力はなんでしょうか。
dummy
横山
自分自身の原体験として「こういう場所があったらよかったのに」とずっと思っていて。 早い段階で数学の楽しさに気づいていたら、もっと勉強が楽しかっただろうにとか、進路の情報収集を前もってできていれば進路選択のミスも防げたんじゃないかとか。 そういった後悔を誰にもしてほしくないんです。そのために、新しい情報源や新しい情報発信の方法を作り上げていくことが僕の役割だと思っています。
dummy
水上
自身の体験をもとに、誰かのために尽力する姿勢がステキです。
dummy
横山
数学に限らず、人を助けたいという気持ちがあって、たまたま数学が好きだったから今の活動をしているという感じです。 数学大喜利や数学俳句など、「数学×お笑い」という入りやすい間口を作ることで、これから数学を学びたい人、数学に苦手意識を持っている人のコンプレックスを取り除けたらと思っています。
 

好きな数字=3

dummy
水上
数学に対し熱い思いをもつ横山さん、好きな数字ってありますか。
dummy
横山
3です。
dummy
水上
すごい、即答ですね(笑)どうして3が好きなんですか。
dummy
横山
かけっこや塾のテストで3位になることが多くて、以前から3に縁があるなと思って調べたら、意外と大事な数字ってことに気づきました。 だって、2つの点だと線ですが、3つの点があると三角形ができ、平面が生まれるでしょ。僕達が生きているのも三次元。あとは三種の神器、色の三原色というのもありますし。
dummy
水上
言われてみたら確かに、身近に3が溢れていますね。
dummy
横山
実は以前好きな数字についてアンケートをしたことがあったのですが、やっぱり3が人気だったんです。
dummy
横山
3を選んだ理由は様々で、例えば「1.2.3とぱっと認識できる最小の単位だから」「形が可愛くて書くたびに楽しいから」「奇数で素数なところがすき」など各々思い入れがあるようです。 「3にまつわるエピソードを話してください」って言ったら、みんな何か1つは持ってるんじゃないですかね。
dummy
水上
私は3人兄弟の末っ子(3番目)です。
dummy
横山
あ、すごい!持ってますね(笑)
 

共感できる?数学マニアあるある

dummy
水上
数学を愛するマニアならではの“あるある”ってありますか。
dummy
横山
数字を見ると素数かどうか確認しますね。これは絶対します。AKB総選挙の票数も、素数かどうかチェックしていました。
dummy
水上
見るところが違う(笑)
dummy
横山
あと数式を書くアプリを持ってます。「desmos(デスモス)」ってアプリで、式を入力すると解いたりグラフにしてくれます。
dummy
水上
マニアックなアプリですね。今お話を聞かなかったら、一生知ることはなかったかもしれません(笑)彼女といる時に出る、数学マニアならではの行動ってあります?
dummy
横山
あ〜、自分では気づいてないかもしれない(笑)でも1から100まで説明しがちですね。物事の成り立ちとか、そもそもの土台から説明しないとしっくりこないです。だから色んな物事は、とことん調べちゃいますね。
dummy
水上
知らないことを細かく教えてくれるのは好感度高いですよ!
dummy
横山
よかったです。あと記念日を意外と覚えていがち……とか(笑)ただ記念日を覚えていても、前回何をしたかは忘れちゃうんですけどね。 記念日もそうですが、彼女の年齢や指のサイズなど、基本的に数字があったらそれについて解説します。
dummy
水上
「数字覚えていがち」と「説明しがち」のダブルコンボですね!
dummy
横山
例えば彼女の25歳の誕生日だったら、「25歳になったんだね、25は平方数だね、5×5=25になるね、おめでとうございます。次の平方数は36歳だから、11年後だし、貴重な平方数の年を幸せに過ごしてね」とか言っちゃいますね。
dummy
水上
……。(思ったより説明が激しい)
 

数学を学ぶことがステータスになればいい

dummy
水上
今後の活動について教えてください。
dummy
横山
「自然と数学」をテーマに、外で体を動かしながら数学に触れ合う機会を作りたいと思っています。そもそも自然の中で文明を発展させていく時に数学は生まれたので、原点回帰ですね。 紙の上を離れて、日常に数学が寄り添うような幅広い活動をしていきたいです。
dummy
水上
数学を英会話のように、気軽に学べたらいいのにと思っています。
dummy
横山
そうですね。そういった気軽に学べる場所を作ることも大切ですし、数学を学ぶことがステータスになれば、学びたいという意欲を持つ方が増えるのではないかと思います。 そうなるように、頑張って活動を続けていきたいと思います。
横山さんの人柄がにじみ出る、濃い話を聞くことができました。嫌われがちな数学をもっと好きになってほしい、もっと楽しんでほしいという気持ちがひしひしと伝わってきました。インタビュー中にあった「数学×お笑い」のイベントを定期的に開催しているので、興味のある方は横山さんの公式サイトTwitterで情報をご覧ください。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード