HOME特集 キリンの炭酸飲料『力水』が中国人にバカ売れ?箱買いするほど人気な理由とは

キリンの炭酸飲料『力水』が中国人にバカ売れ?箱買いするほど人気な理由とは

水上アユミ

2016/07/23(最終更新日:2020/01/31)


このエントリーをはてなブックマークに追加

1994年に販売された、キリンビバレッジの炭酸飲料『力水(ちからみず)』。名前の由来は“お相撲さんが勝負をする前に使う力水”になぞらえたもので、当時注目を集めていたDHA入りの珍しいジュースだ。当初はビンで販売されていたが、2013年に持ち運びの利便性から缶にリニューアルされた。

実はコアなファンが多い『力水』

キリンビバレッジの中ではちょっぴり地味な商品のため、最近はあまり見かけなくなっているが、SNSではコアなファンの声が投稿されている。筆者も小さい頃から『力水』が好きだが、今まで共感してくれる人がいなくて寂しい思いをした。そんな『力水』が、なんと中国人観光客の中で密かに人気を集めているらしい。

中国語でスポーツドリンクを連想させる名前

キリンビバレッジ広報に中国人観光客による人気の理由を聞くと、「商品名が漢字であることが大きな理由で、さらにスポーツドリンクに力水という説明が使われることがある」とのこと。観光中の乾いたノドを潤すのに、スポーツドリンクを連想させる『力水』というワードはぴったりだったのかもしれない。また、「自販機では数本、販売店では箱単位でお買い求めいただくことがある」ということで、バク買いの対象にもなっているようだ。

外国人観光客向けの京都デザイン

また、昨年「京都デザインラベル」が販売された。表面には舞妓さん、裏面には世界遺産の下鴨神社がデザインされている。広報によれば、外国人観光客の多い京都を意識して作られたもので、「近畿地方の2府4県(京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県)で販売しており、外国人観光客にも好評を得ている」という。関東在住の筆者にとっては、ぜひ実物を見てみたいところだ。今のところ、海外で販売する予定はないそうなので、日本のお土産として外国人の知人に紹介すると喜ばれそうだ。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード