HOMEトレンドニュース 完全菜食主義も楽しめる日本の弁当文化!大阪でヴィーガンのためのキャラ弁講座が開催

完全菜食主義も楽しめる日本の弁当文化!大阪でヴィーガンのためのキャラ弁講座が開催

尾形潤

2019/06/25(最終更新日:2019/06/25)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:一般社団法人 日本ヴィーガン・ベジタリアン和食料理教室協会プレスリリース

大阪市西区のココウェルカフェで6月29日(土)、植物性のみの食品で作る「英語でヴィーガンキャラ弁教室」が開催されます。

英語でヴィーガンキャラ弁づくり

外国人向けヴィーガン和食料理教室を主催するBentoya Cookingが、ココナッツ専門店「ココウェル」でココナッツを使ったヴィーガンキャラ弁ワークショップを英語で開催します。
出典元:一般社団法人 日本ヴィーガン・ベジタリアン和食料理教室協会プレスリリース

出典元:一般社団法人 日本ヴィーガン・ベジタリアン和食料理教室協会プレスリリース

ワークショップで作れるのは、国内外で幅広い世代に愛される「ひつじのショーン」をモチーフにしたキャラ弁。お弁当を作ったことがない外国人や子供でも簡単にかわいいお弁当作りが楽しめます。訪日、在日外国人の人だけでなく、アレルギーなどの事情でヴィーガンキャラ弁に興味のある方などにもおすすめです。日本語によるサポートがあり、英語が苦手な人も参加可能になっています。

遅れをとる日本の「食のダイバーシティ」

出典元:一般社団法人 日本ヴィーガン・ベジタリアン和食料理教室協会プレスリリース

出典元:一般社団法人 日本ヴィーガン・ベジタリアン和食料理教室協会プレスリリース

現在のところ、このような外国人向けヴィーガン・ベジタリアン和食料理教室は、​各開催とも満席の状態なんだとか。卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない完全菜食主義者のヴィーガン。近年では、国内でも肉や卵を使わない料理を提供する飲食店も見られるようになってきましたが、アレルギーや宗教・個人の思想による「食のダイバーシティ」への対応はまだまだ遅れをとっている状態です。東京駅でも駅弁を買う外国人観光客が増加傾向にあるなど、日本の弁当文化がますます人気を集めている中、ヴィーガンへの対応には関心が集まりそうです。
【要項】場所:ココウェルカフェ(大阪市西区北堀江1-13-21 1F)日程:2019年6月29日(土)10:00〜12:00(受付開始9:50)内容:10:00-10:20 ココウェル代表より「ココナッツへの想い」について10:20-11:20 キャラ弁作り11:20-12:00 試食募集人数:15名応募方法:名前・参加人数を記載の上、以下までメールにて応募可能hello@bentoyacooking.com

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード