HOMEストーリー これが気象学者のプロポーズさ!竜巻を愛する男が考えた最強のプロポーズ大作戦

これが気象学者のプロポーズさ!竜巻を愛する男が考えた最強のプロポーズ大作戦

JPN Manatee

2019/06/03(最終更新日:2019/06/07)


このエントリーをはてなブックマークに追加

NimbusStorms/Twitter

「竜巻」と聞いて、ロマンチックだと感じる人はいないだろう。気象学者であり、メリーランド州緊急事態管理局で働くJoey Krastelさんは、そんな竜巻を人生で一番ロマンチックな瞬間の演出に使うことにした。

70回以上も嵐を追いかけてきた

海外のメディアが伝えているところによると、4歳の時に竜巻に遭遇したのをきっかけに、自然が作り出す脅威に取りつかれた彼は、今までに竜巻や雷を伴う嵐を70回近く追いかけてきたという。Krastelさんにとって竜巻は、彼の胸を高鳴らせる存在だ。もうひとつ、彼の心を占める大きな存在がある。それが恋人のChris Scottさんだ。

恋人は映画「ツイスター」のファン

Scottさんが子供のころから好きな映画は、1996年公開の「ツイスター」。危険な竜巻の観測に挑む研究家夫婦を描いた、手に汗握るアクション作品だ。▼「ツイスター」の予告編Krastelさんは、Scottさんをカンザス州での竜巻の観測に誘い出した。そして竜巻の前でひざまづき、彼へのプロポーズを決行したのだ。

2万件以上の「いいね」

Krastelさんはこの出来事を「僕が愛する2つのもの」というコメントともにTwitterに投稿した。2人にとっては最高にロマンチックなこのプロポーズ写真は、5月29日に投稿されてから1週間も経たないうちに2万件以上の「いいね」が寄せられた。「見てるだけで幸せだーーーー」「なんて壮大なんだ」「おめでとう」などのお祝いのコメントは、800件以上も寄せられている。Twitterで話題になったこともあり、自宅に帰ると友人が婚約パーティの準備をしてくれていたそうだ。Twitterで祝福をしてくれた人や友人たちに、「みんな本当にありがとう!」とKrastelさんはコメントしている。なお、これは専門家が安全策を講じた上での演出であり、決して真似してはいけない。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード