HOMEストーリー 耳の聞こえない用務員さんに歌を…子供たちが贈った「Happy Birthday」が感動的

耳の聞こえない用務員さんに歌を…子供たちが贈った「Happy Birthday」が感動的

JPN Manatee

2018/10/31(最終更新日:2018/10/31)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Hickerson Elementary/Facebook

米テネシー州の小学校で、とっても心のこもったHappy Birthdayが贈られ、多くの人を笑顔にしている。

手話で歌ったHappy Birthdayソング

その日、誕生日を迎えたのは、ミスター・ジェームスと呼ばれる60歳の用務員さんだ。耳が聞こえない彼のために贈ったのが、“Happy Birthday”の歌だ。もちろんその歌声は聞こえないが、その歌はミスター・ジェームスにしっかりと届いた。手話で“Happy Birthday”を歌っているのは、ヒッカーソン小学校に付属している幼稚園の生徒たち。もちろん完璧なものではなく、手をばたつかせているだけの子も、恥ずかしそうに小さく動かしている子もいる。でもみんなが笑顔で、ミスター・ジェームスもとても幸せそうだ。

26万回以上再生された

この動画は10月23日に投稿されると、3日間も経たないうちに26万回以上再生された。「胸が温かくなった」「子供たちに思慮深さと感謝を教えたいい先生」「子供たちからこんな贈り物がもらえるなんて、ミスター・ジェームスがどんな人かわかる気がするよ」や、ミスター・ジェームスへの「誕生日おめでとう!」など、400件を超えるコメントが寄せられている。また、ミスター・ジェームスを知る人から、「彼は子供たちに良くしてくれる人だったよ。いつだって笑っていた!」「彼と体育館で遊んでいたよ。会いたいな!」「うちの子供たちもミスター・ジェームスが好きだった」のコメントもあった。「やってよかった。あんなに喜んでくれたんだもの」と、生徒の一人はNBCの取材に答えている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード