HOMEストーリー 国際コンクールで入賞した1人だけの“双子の写真”にグッとくる

国際コンクールで入賞した1人だけの“双子の写真”にグッとくる

JPN Manatee

2018/09/24(最終更新日:2018/09/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

cherie_ayrton/Instagram

9月3日からアメリカのラスベガスで開かれたポートレートマスターズ2018。その新生児部門で、約7000枚の中から大賞に輝いた1枚の写真がある。それがこちらだ。
View this post on Instagram

Charlie Horse Photographyさん(@charliehorsephotography)がシェアした投稿 -

この写真に写っているのは、夫婦が誕生を待ちわびた“双子”を映したものだ。

生まれる前に亡くなった我が子

ニュージーランドでふたりの娘と夫と暮らすチャーリーさんとハイデンさんのアイルトン夫妻。今年5月、ふたりの元に誕生したのがタイガーくんだ。
View this post on Instagram
Mrs Feather Touchさん(@cherie_ayrton)がシェアした投稿 -
タイガーくんには、一緒に人生を歩むはずだった双子の兄弟、ジョニーくんがいた。
View this post on Instagram

Mrs Feather Touchさん(@cherie_ayrton)がシェアした投稿 -

お母さんのお腹の中で育っていたジョニーくんの異変に気付いたのは、妊娠5カ月目の検査でのこと。タイガーくんの双子の兄弟は、家族と会うことなくお腹の中で亡くなっていたのだ。5月2日、タイガーくんは誕生。命を持たずに生まれた兄弟と一晩を過ごし、5月3日にジョニーくんは火葬された。
View this post on Instagram
Mrs Feather Touchさん(@cherie_ayrton)がシェアした投稿 -

フォトグラファーが双子の写真を提案

タイガーくんの誕生を祝う写真の撮影を、フォトグラファーのサラ・シモンズさんに依頼していたアイルトン夫妻。「双子の写真を撮ろう」と提案したのは、シモンズさんだった。そうして撮影されたのが、タイガーくんを包む布が、ジョニーくんの遺灰のまわりを取り囲んでいる写真だ。「ふたりはまだ繋がっている」そう感じたチャーリーさんは、ふたりの息子の写真に強く心を動かされたそうだ。多くの人の目に触れることとなった双子の写真。チャーリーさんは「私の息子の思い出が、同じ悲しみを持つ人を救っているかもしれないと思うとうれしい」とコメントしている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード