HOMEストーリー 余命が短い\"常連\"ワンコの特製チーズバーガーを生涯無料にしたバーガーキングの神対応!

余命が短い\"常連\"ワンコの特製チーズバーガーを生涯無料にしたバーガーキングの神対応!

JPN Manatee

2018/07/30(最終更新日:2018/07/30)


このエントリーをはてなブックマークに追加

burgerking/Instagram

長い時間を一緒に過ごした、かけがえのない家族である愛犬。最期の時間が近づいてきたら、できるだけ甘やかしてやりたいと思うのは、自然なことだろう。米オハイオ州在住のTwitterユーザーであるAKarchhさんも、愛犬のために何かをしてあげたいと願っている男性だ。

末期がんと診断された愛犬

AKarchh さんと共に暮らしているのは、10歳の愛犬コーディ。一緒の時間はまだまだ続くと思っていたのに、悲しい事実が明らかになった。それはコーディが末期がんに侵されているということ。残された時間は1~3ヵ月。このニュースを聞いて悲しんだAKarchh さんとその家族は、せめて残された時間を、コーディにとって最高の時間にしようと決めた。この診断が下されてから2ヵ月が経ち、残された時間は徐々に減っていった。

特別なチーズバーガー

生きるためにたくさんの薬を飲まなくてはいけないコーディのため、一家はチーズバーガーに薬を混ぜることにした。お薬の時間を、おいしくて楽しい時間に変えようとしたのだ。

Burger Kingさん(@burgerking)がシェアした投稿 -

もちろん人と同じバーガーを食べさせるわけにはいかない。注文するのは、パテとチーズをパンで挟んだだけの特別なチーズバーガーだ。ある日、いつもと同じようにコーディのためのチーズバーガーを注文すると、いつもとは違う出来事が起こった。

「この注文はどうして?」

シンプルなチーズバーガーの注文を聞いた店員さんが、一家にその理由を尋ねたのだ。一家はコーディのことを説明した。すると店員さんは「ちょっと待っていて」と言って、その場から立ち去った。そして数分後に戻ってきた店員さんの横にはマネジャーの姿が。マネジャーは一家にこう伝えた。「うちの店舗では、コーディのためのチーズバーガーを一生無料にします」7月16日、AKarchh さんは、「私たちにとってどれほどうれしいことかは、説明できない」とのコメントとともに、この出来事をTwitterに投稿した。すると1週間ほどで4000件を超える「いいね」と1000件近いリツイートを受けた。「私も昨年愛犬を亡くしたの。親友だったわ。あなたと一家に安らぎを」「どうして朝7時半から俺を泣かせるんだ」「バーガーキングありがとう。ベジタリアンの私が、こんなこと言う日が来るなんて思わなかったけど」「いい話だ」などのリプライも、数多く寄せられている。また、バーガーキングも「世の中にはもっと優しさと共感が必要だ。コーディのために何かできるチャンスをくれてありがとう」と投稿している。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード