HOMEストーリー 子供たちに伝えたい!ポジティブなメッセージに満ちた小学校のトイレ

子供たちに伝えたい!ポジティブなメッセージに満ちた小学校のトイレ

JPN Manatee

2018/03/15(最終更新日:2018/03/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Mary Moore Elementary/Facebook

米テキサス州アーリントンの小学生たちが、保護者達からポジティブなプレゼントを受けとった。それがこちらだ。

連休中に学校のトイレをデコレーション

2月19日のプレジデントデーは、アメリカの祝日。生徒たちが3連休を楽しんでいるうちに、有志の保護者たちは生徒たちが使うトイレをデコレーションしていたのだ。しかも単なるデコレーションではない。トイレ中に描かれたのはポジティブな言葉の数々だ。▼今のままでいい▼毎日が前進するチャンス▼失敗はあなた自身じゃない▼思いやりはすべてを変えることができる▼あなたは山だって動かせる▼喜びを選べ

16万件のシェア

トイレのデコレーションを保護者達とともに実現した、メアリー・ムーア小学校が、2月20日にこの写真を投稿すると、現在までに4万5000人以上がリアクションし、16万2000件近くのシェアを受けた。「すばらしい」「いいアイディアだ」「美しくて前向き」また、教育関係者から「うちでもやりたい」「やるなら男子トイレがスポーツや勝利に関するメッセージに偏ったり、性別の偏見を持たないようなメッセージにしたいね」などの声が上がっている。また、3月9日にはメアリー・ムーア小学校が追加で写真を投稿。「この力強いコミュニティを誇りに思います」とコメントした。失敗して落ち込んでしまったり、気持ちが落ち着かなかったり、居場所がないと感じたときになんとなく足を運んでしまうのが学校のトイレ。そんなトイレが無機質な壁ではなく、ポジティブなメッセージで囲まれていたら、トイレを出るときには気持ちが少し明るくなっているかもしれない。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード