HOMEストーリー がん闘病中の7歳の少年が、ドラゴンボールの悟空に元気を分ける姿が感動的

がん闘病中の7歳の少年が、ドラゴンボールの悟空に元気を分ける姿が感動的

JPN Manatee

2018/03/14(最終更新日:2018/03/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

CesarLeyvaM/Twitter

ドラゴンボールZの悟空とともに戦う、メキシコ人少年の姿が人々の心を動かしている。その姿がこちらだ。敵と戦う悟空に元気を分けているのは、ルイス・エンジェルくん。がんと闘う7歳の少年だ。自らも巨大な敵と戦いながら、悟空を助けるために元気を分けている写真は、3月9日に投稿されると、5日間もたたないうちに7万2000回以上リツイートされ、20万4000件を超えるいいねをうけた。リプライには「尊敬する」「写真を見た人は、みんな両手をあげて元気を送っているからね」「みんなで元気玉をつくろう」などの声が寄せられた。▼アルゼンチンから送られてきた元気ドラゴンボール好きなルイスくんへ、プレゼントも届いたそうだ。▼プレゼントされたドラゴンボール

悟空からのメッセージ

写真が拡散されると、なんとルイスくんは悟空本人(吹替版の声優)から電話をもらうことになった。悟空から伝えられたメッセージを要約すると、このような内容だ。
オッス! オラ悟空。おめえが元気になって、笑顔でいい人生を送ってもらうためにオラの元気と愛を全部送っからよ。ルイス・エンジェル、オラおめえを愛してっぞ。愛を込めて「かめはめ波!」
大きくて暖かい反響にお父さんは、「皆さんありがとう。大きな愛にあふれた人々で世の中は満ちているのだと知りました」とコメントしている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード