HOMEストーリー スーパーのカゴに入った新生児。奇妙な写真の背景とは?

スーパーのカゴに入った新生児。奇妙な写真の背景とは?

JPN Manatee

2017/06/13(最終更新日:2017/06/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Branches Photography/Facebook

カナダ・ハリファックス市で、4月28日に生まれたエズラくん。生まれたお祝いに撮影された写真がこちらだ。スーパーマーケットのカゴに入り、すやすやと眠っている。楽しい夢でも見ているのか、微笑んでいるようにも見える。とてもかわいらしいが、新生児の記念写真にしては少々奇妙だ。これには彼の生誕に理由があった。

女性の叫び声に店員さんが奮闘

4月28日の昼頃、ハリファックス市内のアトランティック・スーパーストアに女性の叫び声が響き渡った。女性はエズラくんの母親のアシュリーさん。店のマネージャー・マルコムさんが声のした女子トイレに向かうと、アシュリーさんがまさにエズラくんを産もうというところだったという。マルコムさんは救急車を手配し、さらに店内のクリニックの医者を呼びに走った。その間に出産をサポートしたのはレジ係の女性。彼女は引退した看護師だったという。お店の人々に助けられて無事にお産を終えたアシュリーさんは、やってきた救急車で病院に運ばれた。

お店もお祝い

スーパーに勤めて32年のマルコムさんだが、出産を手伝ったのは初めて。すっかり感動したようで、「もし一家が帰ってくることがあれば、お祝いをしたい」と出産に立ち会った当日にCBC Newsにコメントしていた。言葉通り、5月1日には店でお祝いイベントを開催。おむつ1年分を贈呈した。▼立ち会ってくれたクリニックのお医者さんとも再会した

妊娠に気づいていなかった

思いがけずスーパーで出産することになったアシュリーさんだが、実は妊娠に気が付いていなかったという。第一子のミアちゃんを産んだのは、エズラくんが生まれる10カ月前。まさか第二子を妊娠しているとは思ってもいなかったと、CBC Newsは伝えている。▼お姉ちゃんと一緒にスーパーのカゴに入ったユニークな写真を撮影したBranches Photographyは、エズラくん誕生を祝うために無償で撮影したものだと、HUFFPOSTは伝えている。周りの人をびっくりさせたエズラくんだが、多くの人々から祝福されているようだ。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード