HOMEストーリー まるでおとぎ話の世界!ロシア人写真家が撮った”日本の春”が美しい

まるでおとぎ話の世界!ロシア人写真家が撮った”日本の春”が美しい

JPN Manatee

2017/05/14(最終更新日:2017/05/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

hobopeeba/Instagram

日本列島に春の訪れを告げる桜。その美しさを求めにやってくる、海外からの観光客も少なくはない。Instagram上で22万人を超えるフォロワーのいる、モスクワ在住の写真家Kristina Makeevaさんも日本の春を楽しむために日本を訪れた一人だ。Kristinaさんが日本の春の光景をInstagram上で公開すると、そのほとんどの写真に1万件を超えるいいね!がつけられている。▼京都
▼奈良公園
▼姫路
▼金沢
▼浅草寺
▼赤坂
▼千鳥ヶ淵
▼ひたち海浜公園

「まるでおとぎ話の世界」

Kristinaさんは一連の写真を、5月9日にBored Pandaに投稿。「ピンク色に染まっている間は、おとぎ話の世界に変わる」と、日本の感想をまとめた。この投稿を見た人々からは、「日本に行きたい」「うらやましい」「ゴージャス」「美しい」などの感想が寄せられている。

14日間の観光だった

今回日本で過ごしたのは、14日間。ゆっくりとした日程のように感じられるが、東京→富士山→京都→奈良→姫路→別府→大阪→金沢→東京→日光→ひたちなか市→東京と、移動が多く、「この日程はお勧めしない。ほとんど電車の中だった」とぼやいている。しかし動き回ったおかげで、「日本は場所が変わると万華鏡のように印象が変わる」と感じられたそうだ。▼行きの飛行機で撮った写真
富士山の写真を撮るのも目的のひとつだったが、残念ながら霧のせいで叶わなかったとのこと。▼大阪ではなんばパークスを楽しんだ
 

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード