HOMEライフスタイル 数学教師が行った“SNS拡散の実験”が大成功!5日間で7万件以上シェアされる

数学教師が行った“SNS拡散の実験”が大成功!5日間で7万件以上シェアされる

JPN Manatee

2016/05/29(最終更新日:2016/05/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Shutterstock

オーストラリアの高校で、数学教師と9年生の主任をしているというPaula Beareさん。フェイスブックで彼女が呼びかけた「拡散に関する実験」が大成功し、5日間で7万件以上のシェアを受ける結果となった。

サイバーセーフティに関する講義のため

5月20日、Beareさんは自身のフェイスブックにこんな投稿をした。「来週、9年生に向けてサイバーセーフティの講義をします。私のアカウント設定で、どこまでこのメッセージが拡散されるかを確かめたいんです。このメッセージをシェアしてください。いいね!とシェアの件数を知りたいのと、結果を数式で表したいと思っています。そしてもちろん、何の変哲もないフェイスブックアカウントの書き込みが、どこまで広まるのかもね」

急速に広まっていった

シェアのスピードは最初の2時間で200件。この時点でシェアはオーストラリア外にまで届いていた。次の5時間で4,000件、15時間で約1万3,000件を突破した。結果としては5日間で7万件以上シェアされ、Beareさんの元には500以上の友達申請が来たそうだ。そのうち知り合いは3人しかいなかったという。

結果を論文にする予定

23日には教師に対して、25日には生徒に対して講義をしたところ、この結果に聴衆は引き付けられていたという。Beareさんは落ち着いたらこの結果を論文にまとめる予定だという。どんな内容になるのか楽しみだ。

hatenaはてブ