HOMEライフスタイル 「大切な人と過ごして」ある客がチップとともにウェイトレスに贈ったメッセージが感動的

「大切な人と過ごして」ある客がチップとともにウェイトレスに贈ったメッセージが感動的

JPN Manatee

2016/05/29(最終更新日:2016/05/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook/The Breakfast Spot - Cohoes

大切な人を失ったとき、悲しさと向き合う方法は人それぞれだろう。あるひとりの女性が、悲しさを紛らわすためにとった行動が感動を呼んでいる。

多額のチップを受け取ったウエートレス

米ニューヨーク州にあるThe Breakfast Spotというレストランで働く、ベッキー・ニールセンさん。いつものように勤務をしていた5月20日、ひとりの女性客から高額のチップを受け取った。その客は22ドル分の請求に、100ドルちょうどを支払ったのだ。差額の78ドルはウェイトレスのベッキーさんへのチップだった。

「人生は短い」

ベッキーさんの心を動かしたのは、チップの金額ではなく、添えられたメッセージだった。「人生は短い。私の友人が昨夜亡くなりました。お願いがあるの。今夜は誰かあなたの大切な人と過ごして!」このメッセージを受け取ったベッキーさんは、「涙が止まらない。きっと素敵な友人だったのね」という感想とともにフェイスブックに投稿した。「みんな、友人にハグを送って」と、ベッキーさんはコメントしている。

レストランも公開

ベッキーさんがメッセージを投稿した翌日、レストランもこの出来事をフェイスブックに書き込んだ。するとその投稿は1000近いリアクションと、330件のシェアを受け、アメリカ国内の各メディアで取り上げられることとなった。この反応に店は、「いいニュースって広がるのが早いね」と満足げだ。

名前は公表されず

客の名前についてメディアから問い合わせが来ていることについて店側は、「本人が知られたくないかもしれないから、許可をもらうまでは公表しません」と答えている。コメント欄を見てみると、The Breakfast Spotもウェイトレスのベッキーさんも、利用客から愛されているようだ。誠実なお店だからこそ、こんな素敵なドラマが生まれたのかもしれない。

hatenaはてブ