HOMEライフスタイル 野良カートを保護wwショッピングカートをめぐる男性と店側とのやり取りが笑える

野良カートを保護wwショッピングカートをめぐる男性と店側とのやり取りが笑える

JPN Manatee

2016/05/24(最終更新日:2016/05/26)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook/Andrew Mitchell

自宅に迷い込んだ野良カートと、心を通わせた男性がいる。豪メルボルン在住のアンドリュー・ミッチェルさんは、自宅の庭に迷い込んだ野良カートを発見した。運よくそのカートはオフィスワークスという店のものだとわかったため、店舗に電話し、引き取りに来るように伝えたそうだ。

見捨てられたカートに同情

しかし、3日たってもまだカートは放置されたままだった。その姿を見たアンドリューさんは、「きっと忘れられたと思って悲しんでいるに違いない」とカートに同情。店舗のフェイスブックに「この子がうちの庭に入ってきちゃったんだ。名前もわからないし、餌もわからないけど、ここで暮らしているよ。あいにく家じゃ、大量に商品を移動させる用がないんだ」と、引き取りに来るように訴える投稿をした。

次第に心を通わせるアンドリューさんとカート

しかし待っている間に、アンドリューさんはやってはいけないことをしてしまった。カートにトレバーという名前を付けてしまったのだ。「クールな奴なんだよ。それに早い」と、すっかり情が移ってしまったようだ。

ある日突然いなくなったトレバー

しかし、トレバーとの別れは突然やってきた。ある朝仕事に向かう途中、トレバーに声をかけようとすると、そこに彼の姿はなかった。「悪い仲間に入ったんじゃないか」、「世をはかなんでクズ鉄に身を売ったのか」、「店がとうとう引き取りに来たのか」と様々な考えが頭に浮かんだという。

店に帰っていた

そんなアンドリューさんに、オフィスワークスから返信が来た。「トレバーなら帰ってきているよ」と、同僚と久しぶりの再会を果たしている姿を投稿した。
Facebook/Officeworks

Facebook/Officeworks

無理なく仕事に戻れるように、カウンセリングを受ける予定だという。

週末だけでも一緒にいたい

トレバーの居場所が分かったアンドリューさん。しかし離れ離れになってしまったのが寂しく、「週末だけでも一緒にいたい」と店舗に伝えたのだ。店舗はアンドリューさんの願いを聞き入れた。

充実した週末を過ごしたアンドリューさんとトレバー

アンドリューさんと再会を果たしたトレバーは、週末を一緒に楽しんだようだ。▼犬を散歩(いいね!約1万)
Facebook/Andrew Mitchell

Facebook/Andrew Mitchell

▼「足が痛い」と言うトレバーに、靴をくれたアンドリューさん。しかし、「ナイキじゃない」と気に入らなかったそうだ(いいね!約9,000)
Facebook/Andrew Mitchell

Facebook/Andrew Mitchell

 そして再び別れの時が……

そんな楽しい時間もあっという間に過ぎ、またトレバーをオフィスワークスに返す時がやってきた。しかし、アンドリューさんは「返したくない。彼を愛しているんだ」と店舗に訴えた。しかし、妻の理解は得られず、内緒で飼うことになるのだという。オフィスワークスは「友人から引き離されてかわいそうなトレバー。きっと奥さんから追い出されるよ」と、彼を心配している。

新生活をスタート

こうしてトレバーを正式に引き取ったアンドリューさん。その後、すっかりトレバーは家族になじんだようだ。▼芝刈りのやり方を教えた(いいね!約7,800)
Facebook/Andrew Mitchell

Facebook/Andrew Mitchell

▼ドールハウスで遊ぶトレバーを見守ることに(いいね!約7,000)
Facebook/Andrew Mitchell

Facebook/Andrew Mitchell

約7万人がリアクション

男性と野良カートが家族になるまでの物語は、多くの人を魅了したようだ。5月22日に最初の投稿がされ、2日間のうちに約7万人がリアクションし、3万2,000件以上シェアされた。「最高の投稿だ」などやり取りを楽しんだ人からのほか、近所の野良カートの報告や、アンドリューにカートを店舗に返すように諭すものなど、実に1万5,000件近くのコメントが投稿されている。

hatenaはてブ