HOMEライフスタイル 日系人シェフが開発!ハンバーガーを美味しくする“ケチャップ・レザー”が話題に

日系人シェフが開発!ハンバーガーを美味しくする“ケチャップ・レザー”が話題に

JPN Manatee

2015/11/23(最終更新日:2015/11/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube/Food Steez

大きなハンバーガーは食欲をそそるが、かぶりついたときにあふれ出るソースで服が汚れてしまうことがある。また、ソースのせいでしんなりとしたバンが嫌いな人もいることだろう。そんなもろもろの問題を、意外な発想で解消したシェフがいる。それがロサンゼルスにあるレストラン、プランチェックでシェフを務めるエルネスト・ウチムラ氏だ。
 facebook/Chef Ernesto Uchimura

facebook/Chef Ernesto Uchimura

 ケチャップをシート状に

ウチムラ氏が手にしているレザーのようなものは、シート状のケチャップでその名も「ケチャップ・レザー」。トマトペーストにガーリックや醤油などを混ぜ、低温のオーブンで水分を抜いたものだという。▼バンの上にケチャップ・レザーを置く
YouTube/Food Steez

YouTube/Food Steez

▼その上に具を重ねる
YouTube/Food Steez

YouTube/Food Steez

 
YouTube/Food Steez

YouTube/Food Steez

▼熱でケチャップ・レザーはとろけるが、液状には戻らない
Instagram/ketchupleather

Instagram/ketchupleather

ケチャップ・レザーには、水分を抜くことでソースの風味が増すというメリットもあるそうだ。

レストランを紹介した動画が話題に

このケチャップ・レザーは、プランチェックを紹介する動画に登場。動画の再生回数は4万5000回を超え、多くのメディアでも取り上げられた。https://www.youtube.com/watch?v=DkpbBOiAqDE

オーブンがあれば家庭でも簡単に作れる

料理カウンセラーとしても活躍しているウチムラ氏は、テレビ番組『ガールズ・キッチン』の第2話「究極のバーガー」でハンバーガーの作り方をレクチャー。家庭で簡単にできるケチャップ・レザーの作り方も紹介された。オーブンシートにケチャップを広げ、表面を平らにしてから170度にセットしたオーブンで、水分が飛ぶまで焼くだけだという。ハンバーガーに使うだけではなく、お弁当の色どりやお酒のおつまみにも良さそうだ。

hatenaはてブ