HOMEライフスタイル 林家ペー、自宅侵入被害について生告白―パー子は外出が怖くなっている

林家ペー、自宅侵入被害について生告白―パー子は外出が怖くなっている

JPN Manatee

2015/02/10(最終更新日:2015/02/10)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ペーパーの余談ですけど

2月10日に放送された『ノンストップ!』に林家ペー氏が登場。先日自身のブログで告白した、自宅不法侵入事件について語った。

自宅不法侵入事件とは?

2月6日付の林家ペーパー子オフィシャルブログ、『ペーパーの余談ですけど』で報告していた不法侵入事件。

節分の日にパー子氏が帰宅したところ、防犯カメラの電源が切られ何者かが侵入した形跡が見つかった。

玄関入り口横のにあった写真が貼ってあるパネルは、ガムテープが剥がされ、折り込まれていた。

恐らくその横にあるのが防犯カメラ。コンセントの電源が消されていた。

 

「気持ち悪い」

林家ペー氏は事件の説明をしている最中、「気持ち悪い」と連呼。それもそのはず、何も盗まれた形跡はなく、理由のわからない嫌がらせだけがされているのだ。

「推理小説の登場人物みたいだ」と現在の心境を口にした。

戸締りはしていた。鍵も3回交換した。

今までも不法侵入があったことを告白。その際には、パー子氏の写真がしまわれていたのにもかかわらず、わざわざ出されて、同じように他の場所にしまわれていたペコちゃんのシールが、顔面を埋め尽くすように張られていたそうだ。

この時に被害届を出さなかったことを、後悔していると語った。

事件から4日後に赤羽警察署に被害届

今回は4日後に被害届を提出したが、遅かったため指紋の採取などはされなかったとのこと。現在は進展の報告を待っているところだという。

「パー子は外出が怖くなっている」

ペー氏は一人で登場。「パー子はもともと人見知り。その反動であんなに騒ぐんだ」としたうえで、被害が出始めた5年前から外出をするのが怖くなっていることを告白した。

ただし、今回の件では多くの人から、温かい声や心配の声をもらって、少し元気になっているそうだ。


hatenaはてブ