HOME特集 あなたは大丈夫?人生を停滞させる言い訳の数々

あなたは大丈夫?人生を停滞させる言い訳の数々

JPN Manatee

2014/06/30(最終更新日:2014/06/30)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Shutterstock

人生はつねに変化に富んでいるものではない。そして変化が必ずしもいいものではないのも確かだ。ただし、あなたが日常や人生を「退屈だ」「行き詰まりだ」と考えているのなら、もしかしたら自分自身の考え方に問題があるのかもしれない。

そんな梅雨空のようなさっぱりしない思いにとらわれているあなたに、海外サイトのLifehackに掲載されていた「7 False Beliefs That Are Holding You Back in Life」を参考に、人生を停滞させる言い訳の数々を紹介したい。

自分が普段している言い訳があれば、捨て去ってみよう。考え方次第で、日常や人生は変わるのだ。

「受け入れられないのが怖いから、自分をさらけ出さない」

どれだけ優れた人にも、"アンチ"は存在するもの。いずれにせよ全ての人に受け入れられることはないのだから、だったら自分らしさをさらけ出して、例え少数の人にでも受け入れられた方がいい。

「失恋が怖いから、人を好きにならない」

失恋が怖くて、相手を全力で好きになるのをためらっていないだろうか? 「愛されている方が楽」だとは思っていないだろうか?「この人しかいない」と思える相手と付き合うことは怖く、しかしこの上なく幸せなことだ。

全力の愛情を注いだ相手との関係が終わったとき、立ち直るのに時間はかかるだろう。ただし、自分の弱さを知らない限り、手に入らない強さもあるのだ。

「裏切られるのが怖いから、人を信じない」というのも、同じだ。

否定されるのが怖いから、望んでいるものをはっきり言えない

否定はされてしまうもの。否定を恐れるのではなく、うまく消化する方法を学ぼう。否定されることで、それまでの過ちに気付くことが多いのも事実だ。いずれにせよ望んでいるものを手に入れようとしないと、前進はしない。

失敗するかもしれないから、夢を追わない

失敗は成功の真逆にあるものではなく、成功の過程にあるもの。かなえたい夢があるのなら、失敗を恐れてはいけない。ただし、期間などある程度のリミットは作った方がいいだろう。

もしうまくいかなくても、やるだけやったことで次の目標や自信が手に入るはずだ。

そもそも成功を望んでいないから、努力もしない

「収入はそこそこでいい」「人からうとまれない程度のキャリアがつめればいい」......こんな言い訳をして、努力を放棄していないだろうか?

家族ができるなどして状況が変わったとき、がんばらなかったことを後悔する日が来るかもしれない。

成功を期待されないのは楽かもしれないが、期待してもしかたない人だと思われるのは辛いものだ。収入や地位のためではなく、自分の力を試すために成功への努力をしてみよう。


hatenaはてブ